体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

村田倫子の“理想のデート”はあの映画のワンシーン

村田倫子の“理想のデート”はあの映画のワンシーン
J-WAVEで放送中の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「Amazon Prime Video ANYTIME, ANYWHERE」。10月9日(月)からの週は、“青文字系”モデルで多数のファッション誌に登場している村田倫子さんが「女子のホンネ」をテーマに、木曜まで毎日作品をセレクトします。10月9日(月)オンエアでは「(500)日のサマー」を紹介しました。

この作品は、ヒロインのサマーが、主人公のトムとの関係を“友達”と割り切って振り回すというストーリーで、村田さんが人から「好きな映画は?」と聞かれたときに、最初に頭に浮かぶ映画だそうです。

「ちょっぴりほろ苦い、500日間の恋愛ストーリーなのですが、恋をこじらせている男の子の現実と妄想が入り混じった構成や、90年代のポップミュージックやキュートな情景、衣装が魅力的な『ボーイ・ミーツ・ガール』風な作品で、今でいえば『モテキ』を連想させるような作品になっていると思います」(村田さん)

サマー役のズーイー・デシャネルが可愛いため、村田さんは「こんなチャーミングな女の子だったら、振り回されてもいい。いや、むしろ、振り回してほしい」とまで断言していました(笑)。しかも、サマーの黒髪のロングの可愛さに影響されて、明るかった髪を暗く染めたり、好きなシーンのヘアーアレンジをまねたりしていたそうです。

なかでも好きなシーンは、IKEAでのデートシーンだとか。「二人でIKEAに遊びに行って、空想のおうちデートをするシーンとか、イチャイチャするシーンが非常にチャーミングで、私もこういう風にIKEAでデートしてみたいって、いつも思います」とのこと。

村田さんは、主人公を演じているジョセフ・ゴードン=レヴィットも好きなタイプだそうで、ズーイー・デシャネルの可愛さと共に、ゴードンを見て癒されているそうです。さらに「女子の生態が学べるので、男性の方は女子の扱い方の勉強になるかも」と、おすすめしてくれました。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」
放送日時:月・火・水・木曜 6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/index.html

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会