ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「ひとり夜遊び」はアーバンシックな媚びない目もとで #東京コスメ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

大都市、東京──。

一歩まちがえると漂流してしまう街 。誰もが、自由で流動的で華やかで。でも、どこか寂しさをかかえているように見える。

だから、自分にパワーが必要。

そのためにある東京コスメ。彩って、美しく。さぁ、メイクして出かけよう。

──17:30 @渋谷──

オフィスの窓から空に目を移すと、もう日が暮れようとしていた。

夜になるのがめっきり早くなってきた。

でも東京は夜になってからが楽しい。

20171006_tokyocosme_1 2.JPG

お洒落なカフェやバー、行きつけの居酒屋、深夜の本屋、レイトショー。

ひとりで作業するのもいいし、店員さんと話をするのもいい。

ときには居合わせた人と仲良くなったりもする。

そんな「ひとり夜遊び」は、金銭的にも精神的にも自立できているからこそ楽しめる、大人女子の特権。

20171006_tokyocosme_2.jpg

BOBBI BROWN(ボビーブラウン)の「ロングウェア ジェル アイライナー デュオ」(各3,564円・税込)は、2色がセットになったジェルアイライナー。

質感の異なる2色のアイライナーを重ねることで、吸い込まれそうな魅惑的なスモーキーアイが実現。

ジェルタイプだから取れにくく、つけたての美しさが1日中続くロングウェア処方もうれしい。

どこか抜け感がありながらエッジの効いたシャープな目もとは、オフィスルックにもにもマッチして都会的。

媚びてないけど攻撃的でもない、声をかけられたら気さくに打ち解けるけど、プライベートなテリトリーはちゃんと守れる。

そういうスタンスなら「ひとり夜遊び」も臆することなく楽しめそう。

秋の夜は長い。暇してないで、楽しんだもの勝ち。

ボビイブラウン

撮影(商品)/グリッティ編集部 写真/Shutterstock 文/YURIKO

■ あわせて読みたい

素肌もっちり快感。和食からヒントを得た「野菜コスメ」
くすみ、クマ、ニキビ跡…。肌悩みをカバーする素肌メイクをプロに聞いてみた
シャネルの世界観を六本木で満喫。新フレグランスが五感を刺激してくれる
外国人みたいなホリ深目もとに近づく、5色セットのアイシャドウ #30
9色で目もとをクリエイティヴに彩るM•A•Cのアイシャドウ #29
くすみや乾きを一掃してくれる、お直しに特化したアイシャドウ #28
1本で3WAY。自然な血色を出してくれるアイシャドウ #27

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。