体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【日曜版】綺麗に入れば気分爽快!『Paper Toss』【iPhone】

タイトル画面

『iPhone』のOS3.0へのアップデート、皆さんお済みですか? また新型『iPhone 3G S』の予約も開始され、ワクワクしながら発売日を待っている方も多いと思います(私もその1人ですが……)。 さてそんな発売日までの暇潰しに、『Backflip Studios』からリリースされているゲーム『Paper Toss』をプレイしてみてはいかがでしょうか。

チュートリアル画面

本ゲームは非常にシンプル。手元の紙くずをスライドで飛ばし、奥に見えるゴミ箱へ投げ込んであげましょう。ポイントは、たった1つ。ランダムで左右に配置される、扇風機の風速を計算するだけです。

風を感じることが大事です。

画面を見れば分かるとおり、このゲームはゴミ箱への“フリースロー”を再現した作品です。手元のゴミを遠くへ投げ、綺麗に入れば何となく気持ちが良いですし、外したゴミをわざわざ拾って元の場所に戻り、再挑戦を繰り返した! なんて経験もあるはず。あの不条理で非生産的な行為を、なんと『iPhone』のゲームで楽しめるので。

ハードモードではシビアな指裁きが求められます。

それでは早速プレイしてみましょう。単純明快なルールですから考える必要はありません。扇風機からの風を参考に紙くずをゴミ箱へ投げ込んであげましょう。レベルは“Easy”、“Med”、“Hard”の3つ。段々と距離が伸び難しくなり、“Hard”では繊細な指使いが要求されます。

とても単純でなんてことはないゲームなのですが、操作性も良く、ストレスが溜まりません。シンプルながらも丁寧な作りのため、やめ時が分からないほどに集中して繰り返してしまうのが、このゲームの最大の魅力です。移動中や待ち時間の暇潰しに、そしてもちろん実際のオフィスででも、ちょっとした合間にプレイしてみてはいかがでしょうか。

Paper Toss
Backflip Studios
http://www.backflipstudios.com/papertoss/index.html
無料
iTunes Storeへはコチラ。
 
(C)2009 Backflip Studios Inc.
 

■ほかにもこんなiPhoneのニュースがあります
世界初の『iPhone』専用出版社が誕生
本格派レースゲーム!『Real Racing』
新『iPhone 3G S』ついに発表! 300万画素カメラ&ビデオ録画機能も搭載
人生を謳歌しよう!『ザ・シムズ3』
ついに始まった!『ニコニコ動画』アプリ!

ひげおやじの記事一覧をみる

記者:

インターネットの賑わっているところに大概参加をしながら約20年。 ここ最近はニコニコなどの動画サイトを根城にしつつ、何だかよく分からない生活を送る。 生放送においては過去に、日本全国を生放送をしつつ巡ったり、ヨハネスブルグ、ジンバブエ、カザフスタンなど「そもそも回線は大丈夫なの?」といった場所から生放送を行ったことも。 しかし、一番好きな場所は『自分の部屋』とのたまう、自称「世界で一番忙しいニート」・「世界で一番仕事をしない自宅警備員」。

ウェブサイト: http://com.nicovideo.jp/community/co7201

TwitterID: higeoyaji

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会