体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ドローン初心者の編集部メンバーが秋田県大館市を上空から撮影してみた!

ドローン初心者の編集部メンバーが秋田県大館市を上空から撮影してみた!

先日、旅する編集部の第一弾として秋田県大館市に行ってきたROROです。第二弾として7日からアメリカ横断に行っている編集部メンバー(私はお留守番です)は、順調にキャンピングカーを借りてアメリカ横断をスタートしています!アメリカ横断でやりたい66のことを達成して1ヶ月後無事に帰ってくることを祈っています。

 

アメリカ横断中にドローンを飛ばすということで、秋田で予行練習をしてきました。編集部メンバーはみんな初めてのドローン操作ということで、Googleさんに頼りながら操作方法を調べていきます。

 

最初は初心者モードからスタート

まずは電源を付けて初心者モードで飛ばしてみました。初心者モードの特徴として、

・GPSが入らない場所での飛行は不可
・飛行の高さは30mまでに制限

などがあります。これなら安心ですね!ドローンの操作方法が分かったので、実際に飛ばしてみました。

ドローンが上昇していくと、「おー!」と編集部メンバーからの歓声が!徐々に操作に慣れて行ったら少しずつドローンが空に向かって上昇していきます。

はしゃいでいる、旅するメガネさん!

ドローンには上昇、左右前後移動、回転する機能が付いています。近くにログハウスや木が多かったので、ぶつからないように操作をするのは初心者には大変でした。

少しずつ操作に慣れてきたら、飛行の高さを100mへと変更!100mともなると、どの位置にドローンがあるか探すのに苦労しました。ドローンには自動帰還モードが備わっているので、ボタンを押すとまっすぐ下に降りてきます。初心者には優しい機能ですね!

関連記事リンク(外部サイト)

「絶傾が絶景に」あなたは自分の世界をどう魅せる?
元販売員が教える軽くてキレイに撮れるデジタルカメラの選び方
息を飲むほどの美しさ!花が有名な世界の絶景9選
【オーストリアの世界遺産4選】美しい建築物と世界最古の岩塩坑!

TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会