体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

できることは、まだまだある。「農業センスのある町」とは?

できることは、まだまだある。「農業センスのある町」とは?

前編では、北海道の厚真町で農業を営む堀田昌意さんが、売り上げの落ち込んだ原木しいたけを、持ち前の経営センスで見事主力商品にまで育て上げたお話をしました。

そんな堀田さんですが、初めは就農したいという気持ちが薄かったそうです。そこで後編では、堀田さんが農業に本気で取り組みはじめたきっかけと、これからの話を紹介していきたいと思います。

きっかけは「稼ぐ農家」との出会い。

できることは、まだまだある。「農業センスのある町」とは?

——家業である農業を継ごうと決めたのはいつだったのでしょう。
堀田:小さい時から家を継ぐことについて親から言い聞かされてきましたが、就農したいという気持ちはなかったんです。でも、高校生になると「一生続けたい仕事ってなんだろう」と考えるようになりました。工業高校に進学したので就職先もたくさんあったけど、当時は「遊びながらできる仕事ってないかな〜」なんて甘い考えで(笑)。振り返ると、昔から親父の口癖が「農業は好きな時に自分の好きなことができるぞ」だったんです。

やっぱり、仕事をする時は仕事をして、空いた時間には好きなことをするのって大事だと思う。それで、仙台市の自動車の専門学校でもう少しだけ学生生活を楽しませてもらって、地元に戻ってきました。20歳の時に就農して、農家歴は16年目になります。

農業経営のおもしろさに気づいたのは、親父に勧められて行ったオーストラリア研修でした。そこには当別町やむかわ町、旭川市などから大規模経営の農家さんが集まっていて、みなさんしっかり稼いでいました。ある米農家さんは東京や横浜に農家のレストランを開いたりもしていて、その話がすごくおもしろかった。農家にはそういった道もあるのかと。研修から戻ったあとは、売り上げがどんどん上がっていきましたね。

すべては「意欲」から広がっていく。

できることは、まだまだある。「農業センスのある町」とは?

——どういった工夫で売り上げを伸ばすことができたのですか?
堀田:その頃は原木しいたけの市場価格が下がっていた時期でもあって、親父の分(生活費)しか売り上げがありませんでした。なので、農業にはまったく関係のないアルバイトをして300万円くらい稼いで。でも、ふと「いったいこれで何が買えるだろう。この時間を農業に費やしたら、いくら稼げるだろう」と思ったんですよね。

それから、1年で捨てていたホダ木(シイタケ栽培の際に、種菌をつけるための原木)を2年使うようにするなど工夫してみました。それが功を奏して、ホダ木の本数は減らしながら、収穫量を10tから12tに増やすことができました。同時に「もぎたて市」にも参加するようになって、売り上げが3倍に。そのうちに販路が広がって、機械も買えるようになって。周りの人が土地を貸してくれるようになった。農業って生産意欲があると売り上げは上がるし、無ければ下がります。それに、生産意欲がある人には人も集まる。頑張っていたら評価される職業なのかなって思うようになりました。

できることは、まだまだある。

——堀田さんの農業に対するポリシーは何ですか?
堀田:農家全体のイメージを変えていくことですかね。農業機械を洗浄したり、庭の木を剪定したり。とにかく環境をきれいにして、きれいな作物を作るようにしています。

1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会