ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

神戸牛の巨大チャーシューが1枚どーんとのった贅沢ラーメン!代官山「貴真」〜2PMのチャンソンも食べた〜

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

2PMのチャンソンも食べた、代官山「貴真」の神戸牛が1枚乗った贅沢ラーメン!
日本はラーメン大国と言っても過言ではないくらい、本当にたくさんのラーメン屋さんがあります。種類も豊富で、定番の醤油や豚骨、最近では鶏白湯も人気です。そんな中、スープにもトッピングにも牛にこだわったラーメンを出しているお店があるんです。しかも、贅沢にも神戸牛!

神戸牛の希少部位であるザブトンを一枚乗っかったラーメンを出す、代官山の「貴真」を紹介します。

鉄板焼き屋さんが出す贅沢ラーメン

2PMのチャンソンも食べた、代官山「貴真」の神戸牛が1枚乗った贅沢ラーメン!
鉄板焼き「貴真(きしん)」は、代官山駅から徒歩10分程度の、蔦屋の横にあります。蔦屋を目指していけば、すぐわかりますよ。ちょっと敷居が高そうな外観ですが、スタッフの方が優しく迎え入れてくれますので、ご安心を。

2PMのチャンソンも食べた、代官山「貴真」の神戸牛が1枚乗った贅沢ラーメン!
高級感がある店内。今回は平日の昼のランチが始まったばかりの時間に訪問しました。テーブルの他に、鉄板が目の前にあるカウンター席もあります。

2PMのチャンソンも食べた、代官山「貴真」の神戸牛が1枚乗った贅沢ラーメン!
外にもテラス席があるので、天気がいいこれからの季節には気持ちがよさそうですね。涼しい風を受けながら、ラーメンというのもいいかも。

牛骨醤油スープと神戸牛のロース肉

今回の目的は、ランチで出しているというラーメン! 何と言ってもここのラーメンは、神戸牛を使った特大チャーシューが乗っかっているというではないですか! 醤油と塩とあるようですが、一番シンプルな醤油の方を注文しました。

2PMのチャンソンも食べた、代官山「貴真」の神戸牛が1枚乗った贅沢ラーメン!
これが、「特製ダレの代官山ラーメン」です。神戸牛のテールや肉をじっくり煮込んだスープを使った「代官山ラーメン」は、人気ラーメン屋「せたが屋」の前島社長の監修という本格派なんです。

2PMのチャンソンも食べた、代官山「貴真」の神戸牛が1枚乗った贅沢ラーメン!
どど〜〜ん! と神戸牛の巨大チャーシューが1枚乗っかっています。下の麺が見えないくらいの大きさです。

2PMのチャンソンも食べた、代官山「貴真」の神戸牛が1枚乗った贅沢ラーメン!
箸で切れるくらい柔らかい。そして、チャーシューはほんのり甘さを感じて、とても美味しい! あっさり目の牛骨スープと醤油にぴったりハマっています。スープも、脂がちょうどよく、くどすぎないのがよいですね。

2PMのチャンソンも食べた、代官山「貴真」の神戸牛が1枚乗った贅沢ラーメン!
麺の方も、厳選した国産小麦を使ったストレート麺。あっさりしたスープなので、ストレートの麺がぴったり合います。

2PMのチャンソンも食べた、代官山「貴真」の神戸牛が1枚乗った贅沢ラーメン!
ラーメンには自分で挽く黒こしょうと、肉味噌が付いています。ある程度食べたら、肉味噌で味を変えてみると、また違った風味を味わえますよ。もちろん、肉味噌も牛肉を使っています。

2PMのチャンソンも来店!

2PMのチャンソンも食べた、代官山「貴真」の神戸牛が1枚乗った贅沢ラーメン!
先日、ミュージカル公演で来日していた2PMが訪問し、ツイッターにアップしたことで、ファンの間で話題になりました。彼が食べたのは「辛味にんにくラーメン」の「ミニ神戸牛丼セット」で、座ったのは奥にある個室だそう。会食に使えそうな広い個室があるので、大事な日のお食事会にも良さそうですね。

代官山ラーメンはディナーでもいただくことはできますが、ランチだと「特製ダレの代官山ラーメン」が1,480円のところを980円でいただけるので、お得なんですよ。ぜひ、ラーメンを食べたい方はランチに訪れてみてくださいね。

鉄板焼き 貴真
東京都渋谷区猿楽町17-10 代官山アートビレッジ 1F
営業時間:ランチ 11:00~17:00/ディナー 17:00~23:00

[All Photos by Kaori Simon]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。