ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

日本人が開発!歌詞が浮かび上がる「Lyric Speaker」で好きな音楽を味わいつくそう

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
曲が鳴り響くと同時に、表面に歌詞が浮かべ上がる。

日本のクリエイティブカンパニーSIXが開発したのは、ユニークな機能を装備した半透明アクリルケース型クラウドスピーカー。前面全体をアクティブな液晶画面に変え、リアルタイムで歌詞を表示する「Lyric Speaker」だ。

・音楽と同期して歌詞を本体に映し出す

音楽と同期して歌詞を映し出す本品。内部に、最大20ワットの埋め込み型同軸ラウドスピーカーを内蔵。モバイル端末から好きな音楽を選曲して再生すると、その楽曲の歌詞が透過スクリーンに投影される。

文字のグラフィックは、曲調によって自在に変化。例えば、ロックのようにエネルギッシュな曲であれば、力強く。バラードのようにゆったりとした曲調なら、優しいフォントや動きで表現。演奏される曲の強さと速さを認識し、それに応じてグラフィックを調整していく。

これを実現したのが、産業技術総合研究所の音楽解析技術“Lyric Sync Technology”。曲を自動解析し、スピーカーに搭載された表現エンジンがそれぞれの楽曲に対して、サーモグラフィックを生成するというもの。この技術を世界で初めて搭載した機器が、「Lyric Speaker」というわけだ。

・対応楽曲は240万曲以上!

対応楽曲は、240万曲以上。国内最大級の歌詞データべース会社と提携し、同社が提供する歌詞をビジュアライズ化している。対応言語は、日本語と英語。邦楽では、メジャーレーベルから発売されている曲を幅広く網羅。洋楽は、有名曲中心のラインナップとなっている。

カラオケの練習にも、もってこいの本品。価格は、32万4000円。ビックカメラ有楽町・池袋店をはじめ、デパートやセレクトショップなどで取り扱っている。各店舗に特設スペースを設け、デモンストレーションを行っているらしいので、まずは体験してみよう。

Lyric Speaker

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。