体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

まさに“手揚げ”風の食感が心地良い!『KOIKEYA PRIDE POTATO 手揚食感 長崎平釜の塩/柚子香るぶどう山椒』誕生!

 

今年2月、日本産じゃがいもを100%使用し、創業当時のポテトチップスを蘇らせて好評を博している『KOIKEYA PRIDE POTATO』シリーズ。日本のポテトチップスシーンを牽引してきた老舗・湖池屋だからこそ実現できた商品だ。そんな『KOIKEYA PRIDE POTATO』シリーズの新商品『KOIKEYA PRIDE POTATO 手揚食感 長崎平釜の塩/柚子香るぶどう山椒』が誕生。早くも大きな話題を集めているぞ!

やや厚めのポテチが絶妙な食感に舌鼓

1962年、「ポテトチップス のり塩味」の発売以来、常にこのジャンルのトップランナーとして走り続けている株式会社湖池屋(東京都板橋区)。1967年にはポテトチップスの量産化に成功。そして、50年目に当たる今年2月、湖池屋のプライドをかけ、新ブランド「KOIKEYA PRIDE POTATO」を立ち上げ、3商品を市場投入した。中でも『KOIKEYA PRIDE POTATO 魅惑の炙り和牛』は、発売からわずか1週間ほどで生産が追いつかないほどの売れ行きを見せ、販売を一時休止するほどの人気だった。

 
あわせて読みたい:『KOIKEYA PRIDE POTATO 秘伝濃厚のり塩/松茸香る極みだし塩/魅惑の炙り和牛』売れすぎ販売停止続出! 日本が誇るポテトチップスメーカーの威信をかけた究極味!

 

そんな「KOIKEYA PRIDE POTATO」に新たなるシリーズ『KOIKEYA PRIDE POTATO 手揚食感 長崎平釜の塩/柚子香るぶどう山椒』(60g・参考価格160円前後・2017年9月4日発売)は、手作業でじっくり丁寧に揚げていた創業当時のポテトチップスの食感を蘇らせたという。

同シリーズに共通した艶消しの高級感あるパッケージには「手揚食感」の文字が。もちろん、湖池屋のプライドである「日本産じゃがいも100%」の文字も表記されている。

カロリーは「長崎平釜の塩」が307kcal、「柚子香るぶどう山椒」が310kcal。じゃがいもを油で揚げているのだから、カロリーが高めなのは当然といえば当然。ポテチを食べる人はカロリーなど気にしてはいけないのだ(笑)。

 

それでは『KOIKEYA PRIDE POTATO 手揚食感 長崎平釜の塩』から実食!

 

『KOIKEYA PRIDE POTATO 手揚食感 長崎平釜の塩』

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。