体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

想像以上のサクサク!『リッツ チョコサンド』『オレオ クリスピー 抹茶ラテ』 安定のおいしさにリピ必至。

 

少しずつ秋色に染まっていく空、遠足や運動会、味覚狩りなど楽しいイベントが近づいてきた。そんな9月中旬、『リッツ チョコサンド』『オレオ クリスピー 抹茶ラテ』が2品同時発売スタート! しかもオレオの方は日本限定というから、注目度は高い。

リッツは”チョコ”をはさんで、オレオは”抹茶”になって新登場!

誰もが知っている大人気お菓子ブランド「リッツ」や「オレオ」が新しく生まれ変わって早1年。「ヤマザキナビスコ」のライセンス契約終了により突如発生した、この大人気商品の規格変更。成分、製造国、味わいという重要な要素が変ったことで、当サイトでもたびたび取り上げている「新旧リッツ、新旧オレオどちらがおいしい?」問題まで勃発していた。

 
あわせて読みたい:新生『オレオ』、中国製になっていったい何が変わったのか、旧・日本製「オレオ」と食べ比べ比較検証!

 
あわせて読みたい:ナビスコ『リッツ』が新しくなったけど、後継は『ルヴァン』で間違いないのか、あらためて検証!

 

個人的には、どちらもよりジャンク感が増したように思い”これはこれでおいしい”という結論に達しているのだが、一部熱狂的ファンには未だ旧製品を惜しむ声がやまない。が、ここにきてリッツファン&オレオファンのみならず日本国民に朗報が飛び込んできた。モンデリーズ・ジャパン株式会社から9月11日に発売された新商品がこちら、『リッツ チョコサンド』(9枚入り2パック・希望小売価格 税抜188円)『オレオ クリスピー 抹茶ラテ』(8枚入り3パック・参考価格 250円前後)。全国のスーパーやコンビニエンスストアなどの店頭に並んでいる。

 

全国的に暑さが和らぐ今の時期は続々と新商品が登場するが、「リッツ」はサクサクのチョコサンドになり、「オレオ」は日本限定販売の抹茶フレーバーになって新登場。いかにも秋というフレーバーではないが、おでかけやホームパーティにはかかせない存在のリッツとオレオだけにその注目度は高い。さっそくふたつの新商品を食べて、味わいを確かめてみよう!

 

まずは『リッツ チョコサンド』から試食!

リッツといえば、軽いサクサク食感と絶妙なしょっぱさで世界中で愛されているクラッカー。1970年から46年続いた「ヤマザキナビスコ」のライセンス契約により、成分が若干変更になったり、国産からインドネシア製になったりと少し変化を遂げている。CMキャラクターも沢口靖子さんから長谷川博己さんにチェンジ。

新発売の『リッツ チョコサンド』は、2枚のリッツの間にクリームサンドがはさまったスイーツ仕様のリッツ。パッケージからしてなんだかすごく外国のお菓子っぽい。9枚入り2パックが1箱となっている。

さっそく1つ食べてみると、表面についている塩加減がやっぱり絶妙なあまじょっぱさ。サクサクのリッツの間にサンドされたチョコクリームは優しい甘さのミルクチョコで、わりとさっぱりしている。パッケージの写真とは違い、チョコクリームの量が予想外に控えめだった。

1 2 3次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。