ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

カクバリズム代表・角張渉 レーベル設立までの人生

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

カクバリズム代表・角張渉 レーベル設立までの人生
J-WAVEで放送中の番組「SAPPORO BEER OTOAJITO」(ナビゲーター:クリス・ペプラー)。10月7日(土)のオンエアでは、角張渉さんをゲストにお迎えして、音楽談義を展開しました。

角張さんは、在日ファンクやcero、キセルなど個性的なアーティストが所属するレーベル・カクバリズムの代表で、多くのアーティストをマネージメントしています。「宮城県仙台市の出身で、3兄弟の末っ子」という角張さんに、音楽との出会いを伺いました。

クリス:人生で初めて買ったCDは?
角張:永井真理子さんの「ミラクル・ガール」ですね。これは当時放送していたアニメ『YAWARA!』の主題歌でした。その頃はショートカットの女性が好きだったんですよね。

クリス:そっかあ。
角張:小学5年の時に母親と2人で行った永井さんのライブが、僕の人生の初ライブでした。
クリス:初ライブはどうでした?
角張:すごい感動しましたね。でも、母親に“アンコール”って概念がなくて、ライブが終わったら「帰るよ」って言われて、帰っちゃったんですよね(笑)。

クリス:本格的に音楽にハマり始めたのはいつ頃?
角張:兄がキーボードをやって、姉がピアノをやっていたんですよ。
クリス:音楽ファミリーだね!
角張:まあ、そうですね。でも、僕が中学1年でギターを買った時に、「音楽でなんか食えないんだからな」って、部屋に言いに来るような父親だったので、「そうかな」と思いながらも、姉の当時の彼氏がくれたStray CatsとかThe Clashのテープを聴いたり…姉ちゃんがいろいろ教えてくれて。

角張さんは音楽を続け、大学を卒業してもバンドで活動し、イギリスへツアーで回ったりもしていたそう。その後、現在のようにアーティストのマネージメントをするようになった、きっかけを伺うと…

角張:高校生くらいの時に、日本のインディーパンクやパンクロックを好きになっていくなかで、インディペンデントレーベルの存在を知るようになりました。18歳で上京して、ライブハウスで働き出してからいろんな友達ができて。今は銀杏BOYZですけど、当時GOING STEADYだったメンバーとも知り合って、そのメンバーと自分たちでCDを出したんです。それが5,000枚くらい売れたんですよ。
クリス:すごいね。
角張:それで200万円くらい入ってきたんです。そのお金を「どうしようか?」ってなり、「自分たちのCDとか、好きな友達のCDを出そうよ」と安孫子くん(元銀杏BOYZ)と話し合って、一緒にレーベルをやり始めたのがきっかけですね。でも、それはHi-STANDARDとか、日本で自分たちでやってた人たちをまねしたって感じですね。

クリス:そこからどうやって浜野謙太さんや星野源さんなどのマネージメントをするようになったの?
角張: 21歳の時にディスクユニオンで働いてたんですけど、その頃にYOUR SONG IS GOODとすごく仲良くて、彼らのCDをリリースさせてもらえることになったんです。そこでついにカクバリズムが始まりました。そこからいろいろな繋がりができ、自分の活動領域が広がってきた頃に、SAKEROCK(浜野さん、星野さん在籍)と出会って、2005年にカクバリズムでCDをリリースしました。

現在では、第一線で活躍するアーティストを多くマネージメントするカクバリズム。今年はレーベル開始から15周年を迎えるそうで、それを記念したライブツアーも開催! 東京は11月5日(日)に新木場スタジオコーストで開催されます! これからもますます目が離せないカクバリズムに期待ですね!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SAPPORO BEER OTOAJITO」
放送日時:毎週土曜 18時−18時54分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/otoajito/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。