体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ロックマンファンが作り上げた2Dアクション『20XX』で世界を救え!

夏休みが終わった。社会人の方には関係のない話だが、在学中の方にはとても重大なことであろう。特に、就職活動中の学生ともなればその意味合いは大きい。長い年月をかけ、育んできた夢を実現できるかどうかの瀬戸際だ。就職活動に盛大に失敗した経験者として、これを読んでくれている方の大成を願うばかりである。
image2

さてインディゲームにおいても長い年月を費やし夢を追いかける作品が多いのはご存知の通りだ。今回紹介したい『20XX』もそうした作品のひとつである。

『20XX』はアメリカはメリーランド州に拠点を置くBatterystaple GamesとFire Hose Gamesが開発した2Dアクションゲームだ。ゲーム配信プラットフォームSteamにて1,480円で販売されている。先日の2017年8月16日にフルリリースされた。多数の言語にも対応しており、日本語も実装されている。なぜかハングルが混じって表示されたり文章の変な箇所があったりとミスも多いが、十分遊べるレベルだ。

本作の開発が始まったのはさかのぼること4年前の2013年7月。ロックマンシリーズの大ファンであったChris Kingさんが、プロシージャル生成を取り入れたローグライクスタイルの、しかもマルチプレイに対応したロックマンを作ってやろう!と思い立つ。これが本作のスタートだった。

ブレることなく開発を続けた甲斐があったのだろう。本作(当時は『Echoes of Eridu』という名前だった)はそのおおよそ1年後の2014年3月、クラウドファンディングを達成する。その後本作はSteam Greenlightを難なく通過して、2014年12月に晴れてSteamにて早期アクセスを開始。それから2年半の間、開発チームは定期的なアップデートをしっかりと行い、本作を着々と完成へと近づけてきた。そして、長い開発を経てついにフルリリースされたというわけだ。

最初に目指したとおり、プロシージャル生成、ローグライク要素、そしてオンラインマルチプレイを実装したゲームを作り上げたのだ。道半ばで進路を変更したり、あえなく夢破れたりするケースも多い中、すばらしいことである。

ロックマンシリーズをベースにしたローグライクアクション

さて『20XX』の肝心のゲーム内容であるが、先ほど説明したとおりだ。ステージをプロシージャル生成するローグライク要素を取り入れたオンラインマルチプレイ対応のロックマンX。それが『20XX』である。本当ならゲームを評するときにあまり別のゲームを例えに出したくはない。だが本作の場合、そもそもKickStarterのプロジェクト名が『Echoes of Eridu: Co-optional Roguelike Megaman-style action』なのだからMegamanの名前を出さないのは逆に失礼であろう。それだけロックマンシリーズへのリスペクトがこもった作品なのだ。
image1

時は西暦20XX年。世界は悪のロボットたちに脅かされていた……。でも、きっと世界は大丈夫。だって私たちが救うから!
image8

プレーヤーは主人公であるニーナとエースのどちらかを操り、悪のロボット軍団との戦いへ身を投じる。ニーナはショットで敵を倒す遠距離キャラ、エースはビームセイバーで敵を切る近距離キャラだ。先ほどから説明しているとおり、本作は2人協力プレイに対応している。2人プレイの場合は、ニーナとエースをそれぞれが操作する。
image4

1 2 3次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。