ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

杏が推す、あの殺人事件を題材にした“濃厚な小説”

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

杏が推す、あの殺人事件を題材にした“濃厚な小説”
J-WAVEで放送中の番組「BOOK BAR」(ナビゲーター:大倉眞一郎・杏)。毎週ナビゲーターの2人が「今読むべき本」としてオススメの本を持ち寄るこの番組。10月7日(土)のオンエアでは、杏が「濃厚で、濃厚で、でも止まらない」という本を紹介しました。

杏が持ってきたのは柚木麻子さんの『BUTTER』。これは実際にあった連続殺人事件をモチーフにしている小説です。その事件は大倉もよく覚えているそう。小説では、結婚詐欺の末、男性3人を殺害したとされる容疑者・梶井真奈子、通称カジマナを追う週刊誌の女性記者が主人公です。

「みんな取材したいのは、彼女がどういう気持ちで次々と男性を手玉…っていう言い方は、変ですけど、魅了していったのか? モチーフになった本人もそうですし、このカジマナもふくよかな人間。食にすごく精通しており、料理学校にも通っていた」(杏、以下同)

カジマナが次々と面会取材を突っぱねる中、「料理に特化した質問をしてみたら?」というアドバイスを受ける主人公。料理好きはレシピなどを聞かれたらつい話したくなるもの…というところからカジマナと主人公の交流が始まります。主人公は週刊誌の記者という不規則な生活をしていることもあり、食に興味がなかったため、付け焼き刃でカジマナの取材に挑むも「わかってない」と言われてしまいます。そして言われたのが、「いいバターを食べなさい。それで本物の味を知りなさい」。

そこで、主人公はバターご飯を作ります。「この本にはバターがずっと出てきたり、いろんな料理がこの先も出てくるんですけど、この文章のシズル感。『あぁ、食べたい』っていう。バターのメーカーとかフランス料理店とか、全部実名で出てくるんですよ。ちょっと心を動かされるみたいな(笑)」と杏は言います。

主人公は食にどんどん興味を持つようになり、カジマナのようにふくよかになっていきます。

「それで、なんとなくシンパシーを感じるようになって。読者も…私自身も読んでて、なんとなく食のこととか美意識に関しては、『やっぱり美味しいのっていいよね』って感じで、だんだん同調していく部分っていうのが、だいたい半分くらい」

そこからさらに物語は深いものになっていくそう。

「読みたくなる」と興味津々の大倉に、「本当に濃厚。1ページ1ページのボリュームが。楽しい濃厚さでした、これは。“楽しい”っていう言葉が合うかどうか、ちょっとわからないんですが…」と杏は答えました。

ちなみにこの本に登場するバターご飯を、杏は今まで食べたことがなかったようで、本を紹介するにあたり、実際に作ってみたそう。

「わざわざこの本に書いてあるバターを買ってみて(笑)」というそのバターは小さくても400円もする高級バターなのですが、“ケーキを1つ買った”くらいの気持ちで購入。作ってみた感想は…「やっぱりバターと炭水化物の組み合わせは、パスタだろうがパンだろうが、美味しい(笑)!」と絶品だったそう。

本に登場する食も興味をそそりますが、話がその先にどう展開していくのかも気になりますよね。興味のある方はその続きをぜひご自身で確かめてみてください!

この他、「BOOK STAND」コーナーでは、作家のせきしろさんが登場。「自身の作風に影響を与えた3冊」のうち1冊目として保坂和志さんの『プレーンソング』を紹介しました。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「BOOK BAR」
放送日時:毎週土曜 22時−22時54分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/bookbar/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。