ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

『メン・イン・ブラック』スピンオフ作品が2019年に米国で公開!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
『メン・イン・ブラック』スピンオフ作品が2019年に米国で公開!

大ヒット映画『メン・イン・ブラック(MIB)』がスピンオフ作品として帰ってくる。しかしキャストはガラっと変わってしまうようだ。

つまり、これまでMIBシリーズに出演していたウィル・スミス(エージェントJ)と、トミー・リー・ジョーンズ(エージェントK)は、今回ソニーが製作するスピンオフ作品では見られないという事だ。エンタメ情報サイト『Deadline』によると、タイトルは未定だが、これまでと同じ世界を舞台とした作品になるという。

脚本を担当するのは、『アイアンマン』の脚本家アート・マーカムとマット・ハロウェイで、監督は探している最中だ。ソニーは『メン・イン・ブラック』スピンオフ作品の全米公開日を2019年5月17日に決めたと『Deadline』が伝えている。ファンは既にお気づきだろうが、これは『ジョン・ウィック』第3弾の公開日と同じ日付けである。

製作担当のウォルター・F・パークスは『Deadline』にこう語っている。「既に終わったはずの物語の映画を作るなんて滅多にないことだ。でも、アートとマットが書いてくれたスピンオフ作品はMIBの世界の核心に迫るもので、シリーズの新しい可能性を広げてくれる」

スピンオフ作品では、スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を務める。大当たりとは言えなかった『トランスフォーマー/最後の騎士王』も、彼が製作総指揮を務め、アートとマークが脚本を書いた。

しかし、このニュースに、MIBのファンたちは、あまり歓迎していないようだ。

#MenInBlack with new characters?!?!

You’re telling me y’all want to ruin Hocus Pocus,
Charlie’s Angels
& now Men in Black?!?!?! pic.twitter.com/jr3B8hOBzz
– Krystal.Clearr (@KrystalClearr_) 2017年9月29日

「新キャラで『メン・イン・ブラック』!? 『ホーカスポーカス』と『チャーリーズ・エンジェル』に続いて、今度は『メン・イン・ブラック』まで台無しにする気?」

NO MORE REBOOTS/REMAKES/DECADE LONG SEQUELS!!
Leave Hocus Pocus, Charlie’s Angels and #MenInBlack alone. Come up with something original
– Jasmine Black (@jbdd1293) 2017年9月29日

「昔の大作のリメイクはもうたくさん! 『ホーカスポーカス』、『チャーリーズ・エンジェル』、『メン・イン・ブラック』をそっとしておいてほしい。オリジナルを考え出すべき」

There’s a new #MenInBlack film coming, but that #21JumpStreet crossover is apparently dead.

Sony have slated it to release 17th May 2019… the same day as #JohnWick3.

Guns at the ready! pic.twitter.com/TFtJyReSGT
– JUMPCUT ONLINE (@JUMPCUT_ONLINE) 2017年9月29日

「『メン・イン・ブラック』新作が出るけど、『21ジャンプストリート』とのクロスオーバーの話はなくなったようだ。ソニーは公開日を2019年5月17日にして、『ジョン・ウィック』3作目に被せてきた」

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

関連記事リンク(外部サイト)

初代ワンダーウーマンのリンダ・カーターがジェームズ・キャメロン監督を批判!
トム・ハンクス主演映画『マネー・ピット』の舞台となった豪邸のいま
フェリシティ・ジョーンズ、伝記映画で若き日のギンズバーグ米連邦最高裁判事役に
M・ナイト・シャマラン監督、『アンブレイカブル』続編となる『Glass』(原題)の撮影開始を報告!
『マレフィセント』続編にアンジェリーナ・ジョリーが復帰!さらに『パイレーツ・オブ・カリビアン』の監督と交渉中

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。