ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

覆面パトカー追尾や検問を警察無線から知る方法

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
覆面パトカー追尾や検問を警察無線から知る方法

警察無線は既にデジタル化されて聞くことができない無線です。しかし、交通取り締まりと関係している部分があるため、無線の内容が聞けなくても近くにパトカーや白バイがいることを知ることができます。そして、警察無線の周波数から覆面パトカーの追尾や検問があることを知ることができるのです。

警察無線の割当周波数から警告する

交信の内容は聞けなくてもデジタル警察無線を受信したことを音声で伝えてくれるのが、エフ・アール・シーの音声警告付きお手軽受信機「FC-S117」。デジタル警察無線の復調ができないので、別の方法で解決したわけです。

FC-S117は、受信してもノイズだけのデジタル警察無線を、その割当周波数から県内系・部隊活動系・署活系・カーロケに分類。用途に合った“警告”を読み上げます。つまり、間接的に近くにパトカーや検問があることを教えてくれるのです。

例えば、受信ジャンル「警察VHF移動局」でスキャンがストップすると、「パトカー無線を受信しました。パトカー、覆面パトカー、白バイの追尾にお気を付けて下さい」と、女性の声で警告してくれるのです。

警察無線のスキャンもワンタッチ

それでいて、操作はお手軽受信機を目指しているだけあってシンプル。お手軽受信機とは「携帯電話」「コードレスホン」「消防無線」といったジャンルのボタンを押すだけでスキャンが始まる、周波数の知識が無くても聞ける受信機です。

しかし、アナログ携帯電話の終了と同時にブームも終焉を迎え、お手軽受信機も市場から消えていきました。FC-S117はその操作性を目指しているというわけ。警察無線のスキャンのスタート&ストップもワンタッチです。

FC-S117の受信周波数は65~470MHz、受信モードはFM/ワイドFM/AM。メモリー数は400チャンネル、バンク構成は20チャンネル×20バンク、サーチバンドは10組です。電源は単4形乾電池×6本・DC12V外部電源端子。サイズ/重さ:62W×99.5H×36D㎜/147gとなっています。実勢価格は10,463円です。

関連記事リンク(外部サイト)

覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!
オービスの速度違反は車線をまたぐと測定不能?

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。