ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ドイツで言われた「Hey SHIMANAMI」から感じた「しまなみ」の注目度

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ドイツで言われた「Hey SHIMANAMI」から感じた「しまなみ」の注目度

以前、ドイツの田舎道をサイクリングしていたとき、現地のおじさんにこう声をかけられたのだ。

「Hey SHIMANAMI」

おじさんはニヤリとした表情で、僕のロードバイクを指差してきた。海外で突然話しかけられることには慣れているけれど、「シマナミ」という言葉がすぐにはピンとこなくて、顔をしかめてしまった。このおじさん、人違いで僕に話しかけているのではなかろうか? 少し戸惑いながらもその言葉に耳を傾けていると、なんとなく話の筋が見えてきた。

どうやら、あの「しまなみ」の話のようだ。

世界のサイクリストが憧れる
瀬戸内海

ドイツで言われた「Hey SHIMANAMI」から感じた「しまなみ」の注目度

「しまなみ海道サイクリングロード」は今、海外のサイクリストたちからも注目を集めている。瀬戸内海に面した広島・尾道から愛媛・今治間に通じている、全長約70kmのサイクリングロードだ。

2015年には、米CNN「世界の最も素晴らしいサイクリングロード」に選ばれ、海外での認知度も高まっているのだ。あのおじさんも、しまなみ海道に憧れているサイクリストのひとりだったようだ。風のウワサでは聞いていたものの、まさか本当に海外で「しまなみ」の話を聞くとは思わなかったので、改めてその注目の高さを感じた。

サイクリングライフを
ココから始めるという贅沢

ドイツで言われた「Hey SHIMANAMI」から感じた「しまなみ」の注目度

「サイクリングって、意外と敷居が高いよね」

以前、友達に言われたことがある。自分にはどんな自転車が合うのか、どこが安全に走れるのか、そもそも自分の体力の限界はどの程度なのか。初心者にとっては、不確定な要素が多い。サイクリングを始めてみたいけど、なかなか一歩を踏み出せないという人も多いだろう。そんな人に紹介したいイベントがある。

11月26日に開催される「瀬戸内しまなみ・ゆめしま海道サイクリング大会2017」は、初心者でも参加しやすいコースが設けてあるので、世界のチャリラーが憧れるほどの場所でサイクリングライフを始めることができる、贅沢な機会だ。

瀬戸内海沿いでは、海の向こう側に並んでいる島々を眺めながら、サイクリングできる。これが、しまなみ海道の魅力だと思う。日本全国の海沿いを走ってみると、海の向こう側といえば「地平線」の場合がほとんどだ。 ドイツで言われた「Hey SHIMANAMI」から感じた「しまなみ」の注目度

この機会に、行ってみようか、しまなみのサイクリングロード。実は、僕はまだ、しまなみ海道を走ったことがない。2年前の夏に、そこを目指して渋谷から尾道まで自転車をこいだのだけれど、あいにく台風とぶつかってしまった。尾道側のサイクリングロードの入り口から、トボトボと引き返したのを覚えている。

あの「苦い経験」から2年。ようやく、しまなみ海道へ行くときがやってきたのかもしれない。

【大会概要】
正式名称:瀬戸内しまなみ・ゆめしま海道サイクリング大会2017
開催日時:平成29年11月26日(日) 雨天決行
応募期間:平成29年9月1日(金)~10月31日(火)
*詳しくは、コチラ

Licensed material used with permission by 一般社団法人しまなみジャパン

関連記事リンク(外部サイト)

「ONOMICHI U2」を拠点に、しまなみ海道を巡るサイクリングイベントが楽しそう!
サードウェーブ系男子「7つの特徴」 ひげ、眼鏡、キャップ・・・しまなみ海道!?
瀬戸内をめぐる、「guntû」という新しい体験。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。