ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

初代ワンダーウーマンのリンダ・カーターがジェームズ・キャメロン監督を批判!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
初代ワンダーウーマンのリンダ・カーターがジェームズ・キャメロン監督を批判!

70年代のテレビシーリーズで初代ワンダーウーマンを演じたリンダ・カーターは、ジェームズ・キャメロン監督に映画『ワンダーウーマン』に対する侮辱をやめるよう訴えた。

リンダ・カーターは、自身のFacebookの投稿で、キャメロン監督に対して、同映画に関する「軽率で暴力的な発言」をやめるよう痛烈に批判した。その投稿は以下の通り。

To James Cameron -STOP dissing WW: You poor soul. Perhaps you do not understand the character. I most certainly do. Like…
Posted by Lynda Carter on Thursday, September 28, 2017

「ジェームズ・キャメロン監督へ ワンダーウーマンをバカにするのはやめてください。このキャラクター(ダイアナ・プリンス)のことをよく分かっていないようですね。もちろん、私は正確に理解しています。全ての女性同様、私たちが強力すれば、想像以上な力を発揮するでしょう。立派な監督である、パティ・ジェンキンス監督に対する暴力的な発言は軽率です。この映画は完璧だったのですから。ガル・ギャドットはすばらしかったです。キャメロン監督、私は40年以上もこのキャラクターを体現してきたのですから分かるのです。だから、やめてください」

リンダ・カーターはジェンキンス監督とガル・ギャドットと共に同映画のハリウッド・プレミアに登場するほど、同映画の強力なサポーターだ。

一方のキャメロン監督が最初にガル・ギャドットのワンダーウーマンをバカにしたのは8月のことだった。キャメロン監督は、このキャラクターは「後退」を象徴していると批判。最近のインタビューでも批判は続いていて、「彼女は本当に目を奪うほどゴージャスだ。ただ、私にとっては珍しいことでもなんでもない」の発言もあった。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

関連記事リンク(外部サイト)

トム・ハンクス主演映画『マネー・ピット』の舞台となった豪邸のいま
フェリシティ・ジョーンズ、伝記映画で若き日のギンズバーグ米連邦最高裁判事役に
M・ナイト・シャマラン監督、『アンブレイカブル』続編となる『Glass』(原題)の撮影開始を報告!
『マレフィセント』続編にアンジェリーナ・ジョリーが復帰!さらに『パイレーツ・オブ・カリビアン』の監督と交渉中
『プリティ・ウーマン』がミュージカル化されブロードウェイに

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。