ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【えひめ最新レポ】道後温泉の旅館で究極の「坊っちやん部屋」が体験できる

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

DSC_0258
愛媛県松山市の道後温泉にある旅館で今、夏目漱石の小説『坊っちやん』の世界をまさに“体感”できる客室がある。道後温泉とその周辺で開催中のアートフェスティバル「道後オンセナート2018」の一環。
道後エリアの人気旅館・道後舘にある一室が「部屋本 坊っちやん」として公開されている。ブックデザイナー/アートディレクターの祖父江慎さんが手掛けたその客室は、『坊っちゃん』の文章でほぼ埋め尽くされている。
祖父江慎さんのオフィスは、昔も今も数多くの本で埋め尽くされているという。一方、夏目漱石と正岡子規は明治28年から29年にかけて松山で過ごし、その10年後に夏目漱石は『坊っちやん』を発表した経緯がある。
客室の壁や天井、障子、床、なんとトイレの壁にまで『坊っちやん』の文章がギッシリとある。『坊っちゃん』を読み尽くした人にはたまらないだろうし、これを見ると思わずもう一度読み返したくなってくる。
見学特典として付く道後舘新聞『坊っちやん』も、夏目漱石と祖父江慎さんのファンは必見。名作の活字に囲まれる、ぜひ一度体験してみて欲しい。
開催期間:2017年9月2日-2019年2月28日見学時間:11~14時 (最終受付) 見学時間20分見学特典:道後舘新聞 『坊っちやん』漱石+祖父江慎 / オリジナル見学券 / 喫茶券見学料金:1,500円、小学生以下 1,000円
(C)SHIN SOBUE / Dōgo Onsenart 2018
道後舘http://www.dogokan.co.jp/
道後オンセナート2018http://www.dogoonsenart.com/

【Nicheee![ニッチー!]編集部のイチオシ】

【ドバイ 最新レポ】古き良きドバイが感じられる人気スポット アートイベントも
果物をモチーフにした作品で、女性の魅力を引き出す靴職人 篠原すみれさんが新作を発表!
日仏の漫画家たちが描く「ルーヴル美術館」特別展 見どころ紹介

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。