ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

乳幼児連れに嬉しいシステムがあるテーマパーク。これで親もコースターに乗れる!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:akasuguope01:20170722154845j:plain

6月に1歳9ヶ月の息子を連れて、家族でユニバーサル・スタジオ・ジャパン(以下USJ)に行ってきました。

子供は華やかなパーク内を散歩しているだけで十分楽しそうだったのですが、やはり親としては、せっかくだし話題のアトラクションにも乗りたいところです。

しかし、それらは1歳児は乗れません。

そこで、USJで子連れファミリー向けに用意されている「チャイルドスイッチ」というシステムを利用しました。 関連記事:夫に無謀と言われた母子5人、車での弾丸旅行。事前にリストアップした要注意ポイントとは…? byイシゲスズコ

「チャイルドスイッチ」とは、身長の制限などでアトラクションを利用できない子供と大人が二人以上が一緒の場合に、大人が1回分の待ち時間で、交互にアトラクションを子供と利用できるシステムです。

コースター系や、ある程度の時間大人しく座っていないといけないシアター系など、ほとんどのアトラクションにおいて対応しています。

手続きはそれぞれのアトラクションごとに必要で、アトラクションの並び口にいるスタッフの方にチャイルドスイッチを利用したい旨を伝えると、何人のグループに分かれてアトラクションを利用するか尋ねられます。

例えば、夫婦と1歳児で来園した場合は、交代で子供の面倒を見ることになるので、1人ずつ交代で乗ることになります。

人数の割振りを伝えると、それらを記入したチケットをスタッフの方が発券してくれるので、先に乗るグループはそのチケットを持って列に並びます。

後から乗るグループは、子供を連れて、専用の待機スペースで待つか、待機スペースが設けられていない場合は、家族で待ち合わせ場所を決めておき、近くのショップやパーク内を散策して待ちます。そして、先に乗ったグループが戻ってきたら、チケットを渡し、後半のグループとバトンタッチします。

後半のグループは、スタッフにチケットを見せると、ほぼ待ち時間なしでアトラクションを楽しむことができるというシステムです。

専用の待機スペースで待つことができるアトラクションはそこで待ち、専用の待機スペースがないアトラクションは、その間に近くのショップやカフェなどを利用することができるので、待つのは苦になりませんでした。

このシステムは、親がアトラクションを利用できるという点以外にも利点がありました。

USJの敷地はかなり広いので、子連れのUSJは親もかなり体力を使うのですが、このシステムを使うことで、定期的に待機スペースで休養を取ることができるのです。待機スペースは椅子も屋根もあるので、座って足を休めることもできる上、暑さ寒さもしのぐことができます。

また、子供が多少動き回っても他の人の迷惑にならない程度のスペースが確保されているので、子供もストレスなく待つことができました。

USJは毎年様々な新アトラクションが登場していて、親にとっても魅力的なパークです。

もしまたUSJに行く場合も、積極的にこのシステムを利用しようと思っています。 関連記事:休日のお出かけが無意味なミッションと化していた。近所の公園ではしゃぐ長男を見て気づいたこと by tomekko

f:id:akasuguope01:20170721220525j:plain

著者:ユカリンゴ

年齢:34歳

子どもの年齢:1歳

三重県在住で1歳10ヶ月の息子の子育てをしている専業主婦です。 息子も2歳間近となり、自分の思い通りにいかない時には奇声を上げて大暴れするようになりました。 そんなイヤイヤ期もいつかは収束すると信じ、息子の寝顔と笑顔を癒しにして、家事と育児を頑張っています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

1歳3か月の次女が旅行先で39度の熱!見知らぬ土地で病院へ行くべきか迷って…
1歳半の息子と10時間のふたり旅…成田でも現地でも非常に助かった「空港サポート」 by 眉屋まゆこ
初めての温泉

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。