ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

航空祭で使われる周波数を見つけるチャンスは朝

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
航空祭で使われる周波数を見つけるチャンスは朝

航空祭で使われる航空無線の周波数を見つけるには、その飛行場に割当てられたTWRの周波数はすべてメモリー。その中から使われる1波の見つけるわけですが、最初のチャンスは朝です。開門の前後に必ず天候偵察機が上がります。基地上空はもちろん、待機空域の天候をチェックするためです。

航空祭でコールサイン「オペラ」開局

航空祭ではパイロットの視界を遮る雲の量や高さが重要。安全な飛行を確保するため、雲の状態に応じて展示飛行の内容が変わってきます。天候偵察機が使用したUHF帯のTWR周波数が、航空祭の主用波になる可能性が大です。

とはいえ、VHF帯のTWRも使われます。陸上自衛隊や官庁系ヘリコプターの展示飛行や救難ヘリコプターによる救難デモ、さらには空挺降下をする際の輸送機などが使います。必ずしもVHF帯の航空無線=民間航空機専用ではないのです。

外来機の動向もチェックしたいので、その飛行場に割当てられたTWRの周波数はすべてメモリーしましょう。余裕があればTWR以外の管制周波数も同じバンクに入れて下さい。

というのも、TWRなどの管制周波数は航空管制に使われるだけでなく、機体間通信などにも使われるからです。特に航空自衛隊の航空祭では、TWRの周波数にコールサイン「オペラ」といった飛行群や飛行隊の指揮所幹部が突如、開局して航空機に対して指示を出すことがしばしばあります。

航空祭が終了したら航空無線で見送り

最初の航空祭であれば、その飛行場に割当てられたTWRにプラスしてGCAの周波数をスキャンすることをオススメします。これだけで展示飛行の航空無線が十分楽しめます。

航空祭の全プログラムが終了したら、地上展示されていた外来機を航空無線で見送りましょう。ここからは、飛行場に割当られたすべての管制周波数をスキャンします。外来機の飛行前点検が終わる頃、GNDやTWRにコンタクトして、基地に帰るためのATCクリアランス(管制承認の許可)やタクシーアウトをリクエストします。

離陸後は通常の航空管制の流れで、TWRやDEP/RDRと交信しながら出発。この時、基地によってはTWRやDEP/RDRに指揮所が登場し、各機にお礼の言葉を述べることも…。当日組の外来機がすべて離陸したら、航空無線を存分に楽しんだ航空祭もこれで終わりです。この頃には、帰り道の混雑も緩和されているでしょう。

関連記事リンク(外部サイト)

戦闘機のパイロットが使う秘密の航空無線とは?
ブルーインパルスのパイロットが使う周波数は?
ブルーインパルスのパイロット同士の交信を聞く
ホバリングする陸自のUH-60JAが賞賛された理由
ブルーインパルスの1~6番機の役割を理解する

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。