体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

航空会社がサンプリングした「音のガイドブック」

航空会社がサンプリングした「音のガイドブック」

旅の間は、旅先でしか味わえない固有の音があります。耳にするだけで非日常の境地へと誘ってくれるような。その都市ならではの音。もちろん、日本にだって。

海外からこの国を訪れる人たちだからこそ、気づく「ニッポンの音」に耳を傾けてみませんか。

耳で楽しむ旅の「音」

航空会社がサンプリングした「音のガイドブック」

スーツケースに荷物を詰めて、パチンとロックを閉める。この「パチン」こそ、旅の始まりを告げる音。普段は気にかけていなくても、空港のアナウンスが聞こえてくると、旅情はぐんと増し、いよいよって気になりますよね。

この音楽には、香港や日本、マレーシアなどの音がぎゅっと詰まっています。航空会社がサンプリングした「音のガイドブック」 すべては、実際に旅して集めた音。航空会社がサンプリングした「音のガイドブック」 タイトル『THE SOUNDS OF TRAVELLING WELL』。旅先の都市と機内から音を集めて、こんなふうに音をミックスして作られました。航空会社がサンプリングした「音のガイドブック」 空港で録音中。航空会社がサンプリングした「音のガイドブック」 100万ドルの夜景にだって音は潜んでいます。航空会社がサンプリングした「音のガイドブック」 篆刻(てんこく)された印鑑を紙の上にドスン。航空会社がサンプリングした「音のガイドブック」 繁華街の喧騒。航空会社がサンプリングした「音のガイドブック」

そして、旅は日本へと。

国が変われば、街の「音」だって変わります。航空会社がサンプリングした「音のガイドブック」
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会