体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

子どもをダメにする?過保護な親「ヘリコプターペアレント」の特徴

子どもをダメにする?過保護な親「ヘリコプターペアレント」の特徴
モンスターペアレントは聞いたことがある人は多いと思いますが、ヘリコプターペアレントという言葉があるのをご存知でしょうか?

子どもに対して過保護になり過ぎ、自立を妨げる親のことを指し、近年日本でも増加傾向にあることが問題になっています。

今回はモンスターペアレントの原因、特徴、子どもへの悪影響などを医師にお話をお伺いしました。

ヘリコプターペアレントとは 

ヘリコプター

ヘリコプターが一箇所でホバリングをして飛び続けるように、子どもの上空で常に親が監視しており、子どもに都合が悪いことが起こりそうになると介入してくるような、過保護・過干渉な親のことを言います。

「モンスターペアレント」は、理不尽な要求をしてくる親というイメージですが、ヘリコプターペアレントは必ずしも言っていることが理不尽というわけではなくても、子どもへの干渉の程度が過剰というイメージかと思います。

ヘリコプターペアレントになってしまう原因 

親の過保護

不安から子ども任せにできない

幼少時には食事、着替え、排泄など身の回りの世話を親が全て行うのは当然ですが、本人の能力に合わせて少しずつ自立を促し、社会に出るまでには自分の世話は自分でできるようにするのが親の役割と一般的には思われてきました。

しかし、

「子ども任せにしていては危なっかしい、失敗して不利益を被るのではないかと思うと安心して見ていられない」

「親が少し手を貸せば、親としても安心であり、子どもを危険から守れる」

という思いがあるためか、いつまでも自立させられない場合があるようです。

子どもに任せ、見守ることは、親が手を出してやってしまうことよりも難しく、子どもの能力を見極める能力と、時間・気持ちに余裕が必要です。

親に「失敗した時に立て直す時間・気持ちの余裕がない」となれば、手を貸してしまったほうが楽だということになります。

親としての存在価値の担保

「この子は自分では何もできない」と思うことで、親としての存在価値を保ちたい、自立してしまうと親を捨てて飛び立って行ってしまうという気持ちもあるのかもしれません。

ただ、

「子どものために良かれと思ってやっている」

「子供に嫌な思いをさせないため、傷つけないため」

という大義名分のもと、見守る努力を放棄しているとも言えます。

子どもは親の介入を疎ましく思うことはあっても、自分ひとりでできる自信もなく、つい親に身を任せてしまう可能性も考えられるでしょう。

ヘリコプターペアレントの特徴

ヘリコプターペアレント

例えば、子どもの仕事に関しては以下の行動が見られ、「もういい大人なのに、どうして親が出てくるのか?」と会社の担当者をうろたえさせています。

・就職活動中に親が会社に直接子供の売り込みをしてくる

・「この仕事内容ではうちの子の能力を生かし切れていない」と注文を付けてくる

・欠席の連絡を本人ではなく親がしてくる

・職場との話し合いに親が付いてくる

など

アメリカのヘリコプターペアレント事情

1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会