ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

コンビニ電池はコスパ重視なら「BIG CAPAα」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
コンビニ電池はコスパ重視なら「BIG CAPAα」

切れた時にすぐ必要なのが乾電池。そこで、便利なのがコンビニ電池です。コンビニ電池は有名メーカー製品からプライベートブランドまで種類はさまざまですが、最もお買い得な商品はどれなのでしょう。そこで、コンビニ電池の性能を実測して、その容量と1Ahあたりの価格を算出してみました。

コンビニ電池の容量を実測してみた

コンビニ電池の性能チェック方法は、各商品に2.2Ωのセメント抵抗をつなげて60分後の電圧、終止電圧(0.9V)までの時間を測定。また、電流の積算値から実測容量を算出しました。

チェックしたコンビニ電池は、パナソニックの「金パナ」(504円)、「EVOLTA」(606円)、「リチウム乾電池」(1,058円)、FDKの「富士通」(484円)、アイリスオーヤマの「BIG CAPAα」(308円)、「セブンプレミアム」(307円)です。

ダントツの実測容量だったのが、2,755mAhだったパナソニックの「リチウム乾電池」。富士通の2倍以上の差がついたものの、価格もダントツの4本1,000円超えです。1Ahあたりの価格も95.8円でした。このコンビニ電池はセブンで購入できます。

性能・コスパが優秀なコンビニ電池

コンビニ電池の実測容量で2位となったのは「EVOLTA」。ただし、1,746mAhと1位の「リチウム乾電池」とは大きな差があります。1Ahあたりの価格は86.8円です。このコンビニ電池は、セブン・ローソン・ファミマで購入できます。

1Ahあたりの価格では、ローソンで販売している「BIG CAPAα」が48円。唯一の50円以下という結果になりました。実測容量も6本中3位であり、性能・コスパともに優秀なコンビニ電池といえるでしょう。

コンビニ電池の1Ahあたりの価格では「セブンプレミアム」が52.8円と僅差で2位でした。ちなみに、3位は「金パナ」ですが、1Ahあたりの価格は84.2円と1位と2位からはちょっと乖離があります。(文/ハンダマスター加島)

関連記事リンク(外部サイト)

アルカリ電池を充電する究極のエコテクニック
バッテリー寿命で100均の単三電池を選ぶ!
9V電池が何回も使える006P型充電池がオススメ
乾電池をホムセンで買うならカインズかコーナン
マンガン電池なら100円ローソンがオススメ!

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。