体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

THE BACK HORN、ベスト盤より MV集のダイジェスト映像を公開

THE BACK HORNが2018年に迎える結成20周年を記念して、10月18日(水)に発売するベストアルバム『BEST THE BACK HORN II』から、DISC-3に収録のミュージックビデオ集『エモーションピクチャー Vol.3』のダイジェスト映像がYouTubeのTHE BACK HORNチャンネルで公開された。
THE BACK HORN (okmusic UP's)

ファン待望のミュージックビデオ集『エモーションピクチャー Vol.3』は、前作『エモーションピクチャー Vol.2』以降のミュージックビデオ14作に加え、恒例となっているメンバーによる監督作品として、DISC -2収録「泣いている人」のミュージックビデオを新たに制作。山田将司が監督を務めた。さらに「戦う君よ」、「シンフォニア」のバージョン違いも含め計20本のミュージックビデオが収録される。

DISC-1は、2008年に発売された『BEST THE BACK HORN』以降のシングル曲を網羅。宇多田ヒカルとの共同プロデュースが話題となった「あなたが待ってる」や最新シングル「孤独を繋いで」を含む13のシングル表題曲とアルバムリード曲、さらに、新曲「グローリア」も加わった全17曲を収録する。DISC-2には、10周年を記念した2008年のベスト盤『BEST THE BACK HORN』以前の楽曲の中から、収録曲を決めるファン投票を実施。収録時間の許す限り、上位14曲を収録。さらに、新たにレコーディングしたインディーズ期からのライブ定番曲「無限の荒野」、2015年の渋谷公会堂でのワンマンライブで披露した、ストリングスアレンジの「泣いている人」の新録楽曲を加えた全16曲が収録される。商品は『BEST THE BACK HORN II』と『エモーションピクチャー Vol.3』の3枚組からなるTYPE-Aと、『BEST THE BACK HORN II』のCD2枚組となるTYPE-Bが用意されており、初回生産分のみ、ブックケース、デジパック仕様、専用ブックレットが付属する。ジャケット写真のアートワークの中には、これまでのTHE BACK HORNの作品から想起されるモチーフが散りばめられている。

さらに『BEST THE BACK HORN II』のリリースを記念して、2018年1月21日(日)には、下北沢SHELTERにて招待制スペシャルライブを開催する。下北沢シェルターは、THE BACK HORNの結成後に初めてワンマンライブを行ったライブハウス。『BEST THE BACK HORN II』の購入者から、抽選で220名を招待するプレミアムライブとなっている。10月21日(土)には6年振り、通算3回目となる日比谷野外大音楽堂でのワンマンライブを開催。さらに、THE BACK HORNのメンバー自らが企画・演出を手掛ける年末恒例のスペシャルイベント『マニアックヘブン』を、2017年は11月3日(金・祝)の名古屋公演を皮切りに、12月24日(日)のファイナル東京公演まで全国9箇所をまわる『マニアックヘブンツアーVol.11』として開催することが決定している。
エモーションピクチャー Vol.3  ダイジェスト映像

https://youtu.be/9YLhcF7g4k4アルバム『BEST THE BACK HORN Ⅱ』
2017年10月18日発売

【TYPE-A】(2CD+DVD)

VIZL-1237/¥4,500+税

【TYPE-B】(2CD)

VICL-64842~64843/¥3,200+税

<収録曲>

■CD DISC-1

01.覚醒(17th Single/2008.5.21)

02.戦う君よ(18th Single/2010.4.21)

03.閉ざされた世界(19th Single/2010.8.4)

04.世界中に花束を(配信Single/2011.3.30)

05.シリウス(20th Single/2012.3.7)

06.シンフォニア(9th Album「リヴスコール」収録/2012.6.6)

07.バトルイマ(21st Single/2013.9.18)

08.シンメトリー(22nd Single/2014.2.19)

09.コワレモノ(22nd Single/2014.2.19)

10.ビリーバーズ(10th Album「暁のファンファーレ」収録/2014.4.9)

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会