体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

国内移住するならどこがいい?助成金のある移住者に優しい自治体【北九州編】

長崎県平戸市は引っ越せば20万円!?移住者に優しい自治体【国内移住:北九州編】
九州の港町

次はいよいよ九州と沖縄。エリアが広く、県の数も多いため、北九州と南九州&沖縄の2回に分けて紹介します。

最初は北九州の福岡、佐賀、長崎。さらに大分も北九州という形で、移住者受け入れに積極的になっている自治体をピックアップしました。

移住するだけで、住宅を購入しなくても補助金が受けられる自治体

長崎県平戸市は引っ越せば20万円!?移住者に優しい自治体【国内移住:北九州編】
長崎県の平戸

移住をするだけで、住宅購入をしなくても補助金が得られる自治体が北九州にもあります。金額的にまとまった自治体をピックアップしてみましょう。

・大分県臼杵(うすき)市・・・5年間市外に暮らしていて、今後5年以上定住すると約束できる移住者に対して奨励金を10万円、引っ越し費用の補助(最大20万円)、仲介手数料の補助(5万円以内)

・長崎県平戸市・・・定住を目的とした市外からの移住者に対して引っ越し費用または交通費(最大20万円)

・長崎県小値賀町・・・18歳以上40歳までのUIターン転入者で町内に定住する場合、若者定住奨励金(5万円)

大分県の臼杵は、日豊海岸国定公園の一部で、佐賀関半島の根元にある港町ですね。豊予海峡を挟んで対岸には、愛媛の佐多岬半島が延びている場所。

長崎県の平戸市は平戸島の町、小値賀町は佐世保からなんと船で3時間もかかる離島で、西海国立公園に属する美しい島ですね。島暮らしをしたい人には最適な移住先かも。

長崎県平戸市は引っ越せば20万円!?移住者に優しい自治体【国内移住:北九州編】
長崎県島原市

他にも移住者に対して家賃補助など、サポートを行っている自治体はたくさん。2016年度の情報ですが以下にまとめてみました。移住先はかなり選択肢があると分かります。

福岡県:北九州市、筑後市、大川市、中間市、小郡市、みやま市、岡垣町、小竹町、添田町

長崎県:島原市、平戸市、波佐見町、小値賀町

佐賀県:佐賀県、鹿島市、神埼市

大分県:大分市、中津市、日田市、佐伯市、臼杵市、津久見市、豊後高田市、杵築市、日出町

住宅購入時に、まとまった金銭サポートがある自治体

長崎県平戸市は引っ越せば20万円!?移住者に優しい自治体【国内移住:北九州編】
長崎県の五島列島

一方で賃貸への移住ではなく、住宅を購入する移住者に対して、まとまった形で金銭的なサポートをしてくれる自治体と言えば、どこになるのでしょうか。目立った場所をピックアップしてみます。

・大分県佐伯市・・・定住を約束できる市外からの転入者が、住宅建設・購入した場合(最大100万円、加算あり)、同条件の転入者が、空き家バンク登録の物件に移住した場合の改修費(最大100万円、空き家は家財処分費最大10万円もあり)、さらに同条件の転入者に共通して引っ越し費用(最大20万円)

・大分県臼杵市・・・5年以上市外に暮らしていて、今後5年以上定住すると約束できる移住者が家を建てる、あるいは新築・中古物件を購入する場合(最大100万円)、空き家バンク登録の空き家を購入し、改修する場合(最大100万円)、空き家バンクを活用して購入した際の仲介手数料補助(最大5万円)、空き家バンク登録の空き家の家財処分費用(最大5万円)

・長崎県新上五島町・・・補助金交付時に40歳以下で、入居後10年間は定住を約束できる人に対して、家を新築する場合(最大150万円)、建売の購入の場合(最大100万円)、建て替えの場合(最大150万円)、さらに中学生以下の子育てをする場合(1人25万円加算)、町の分譲地を購入した場合(最大50万円加算)

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。