体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

4年ぶりの開催!アートイベント「道後オンセナート2018」がいよいよ開幕♪【愛媛】

「道後温泉インスタレーション」

2017年9月に待望の「道後オンセンナート2018」がプレオープンし、一部の作品公開がスタートしています。

今回はオマージュ(賛歌)をキーワードに約20名のアーティストが色とりどりの作品を紡ぎ、古きよき温泉街をフォトジェニックな世界へと変身させます。オブジェ、写真、絵画、イラスト、ダンス…。様々なジャンルのアーティストが歴史ある温泉街に敬意と愛が詰まった「表現」を送ります。「のぼせる」とは「夢中になる」ということ。

大人も子どもも地元の人も旅人も上質なアートを間近で体感して、身も心も楽しくみんなで「のぼせ」てみてはいかがでしょう。

記事配信:じゃらんニュース

道後オンセナートって?

道後温泉街を彩る最先端アートの祭典!

2014年、道後温泉本館の改築百二十年の大還暦を記念して開催された「道後オンセナート2014」。道後温泉本館、ホテルなどの客室がアート作品へと変貌した。

2015年は写真家・映画監督の蜷川実花さん、2016年は画家の山口晃さんをメインアーティストに迎え街を最先端アートで飾った。(c)LILIAN BOURGEAT/Dogo Onsenart 20142014年/椿の湯に装飾された作品「FABULA -寓話-」 (c)LILIAN BOURGEAT/Dogo Onsenart 2014道後温泉本館が蜷川作品の彩りを纏う2015年/道後温泉本館が蜷川作品の彩りを纏う(c)YAMAGUCHI Akira,Courtesy MizumaArt Gallery/Dogoart20162016年/ホテルやレストランも山口作品のギャラリーに (c)YAMAGUCHI Akira,Courtesy MizumaArt Gallery/Dogoart2016

TOPICS1. 最先端アートを体感!

温泉街と最先端のアートが織り成してきた祭典は、2014年のコンセプト「アートにのぼせろ」を引き継ぐアートフェスティバルとして、この秋プレオープンを迎えた。「のぼせる」とは「夢中になる」ということ。芸術は特別なものではなく、ごく身近なものとして鑑賞し、自由に感じるもの。大人も子どもも、地元の人も旅人も、温泉街を色鮮やかに彩る上質なアートを間近で体感して、身も心も楽しく「のぼせ」よう!「道後温泉インスタレーション」「道後温泉インスタレーション」道後温泉本館は蜷川実花作品の魅力に染まる※完成イメージ祖父江慎「空間書籍 坊ちやん」祖父江慎「空間書籍 坊ちやん」小説「坊ちゃん」のテキストが囲む空間書籍※作品イメージ浅田政志「鷺の恩返し 第八章 その弐 ―朝六時、本日も湯が湧き人集う―」浅田政志「鷺の恩返し 第八章 その弐―朝六時、本日も湯が湧き人集う―」/「鷺の恩返し」をテーマに今昔物語に沿って温泉に集う人々を撮影※展示作品大巻伸嗣「タイトル未定」大巻伸嗣「タイトル未定」道後商店街ゲートに咲く椿やクマも出没!?※作品イメージ三沢厚彦「Animal 2017-01-B2(クマ)」三沢厚彦「Animal 2017-01-B2(クマ)」
1 2 3 4次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。