ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

消臭剤じゃなくて、ヒノキの「アロマフック」がいい。

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
消臭剤じゃなくて、ヒノキの「アロマフック」がいい。

化学香料って、最初はいいんだけど、ずっと嗅いでいるとちょっと気持ち悪くなる。何も使わないよりは…と思ってクローゼットに置いてるけど、満足度的にはイマイチです。

だから「木曽生活研究所」のこれを見つけたときは「おっ」っていう感じでした。

from 木曽

消臭剤じゃなくて、ヒノキの「アロマフック」がいい。

木曽の檜でつくったアロマフック(1,728円)

この防虫用のアロマフックは、木曽のヒノキの「節の部分」を使っているそうです。

そもそもヒノキには抗菌作用、消臭作用があることは有名ですが、とくに「節の部分」にその成分が多いのだとか。知らなかった…!

ちなみに香りが弱まってきたら、付属の紙ヤスリで表面を削ることで、また香りが戻ってくるというのも嬉しい。長く使える…!

天然素材のほのかな香りが、クローゼットを包み込んでくれそうです。

「木1本、首1つ」

消臭剤じゃなくて、ヒノキの「アロマフック」がいい。

かつては、1本盗んだら首が1つ飛ぶという刑罰があったほど、日本の宝とも言うべき「木曽のヒノキ」。耐久性、防虫効果、香り、どれをとっても日本の豊かさを感じさせてくれます。

最後に、簡単にスペックを。
・素材:檜、スチール
・サイズ:W120×D25×H250

ハンガーフックのシンプルさもいい。Licensed material used with permission by 木曽生活研究所(運営 Tree to Green)

関連記事リンク(外部サイト)

消臭機能をプラスした観葉植物「eco-pochi」。発想がイイね!
0171:ANAが使っている「消臭除菌スプレー」。
働き盛りの男性は要注意!加齢臭ではない「ミドル脂臭」ってなに?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。