ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【掃除の裏ワザ】部屋のパパっと消臭術3選

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【掃除の裏ワザ】部屋のパパっと消臭術3選

タバコ、焼き肉、ペットの臭いなど、気になるお部屋の臭いを短時間で消臭する方法をご紹介。すぐに準備できる方法やアイテムを使ったお手軽消臭法のほか、市販の消臭剤を使わないエコな臭い対策も合わせてご紹介します。

目次

短時間でできる!部屋の消臭テクニック

お部屋の臭いには日頃から注意!対策方法3選

 

短時間でできる!部屋の消臭テクニック

部屋にこびりついたタバコや焼肉、ペットのニオイをサッと消臭したい!
ここでは気になる部屋のニオイを短時間で消臭できるテクニックをご紹介します。

 

部屋の消臭テクニック1.濡れタオル回しでサッと消臭

© PIXTA

時間をかけずに手軽に部屋の消臭をしたいなら、濡れタオルを振り回す方法がおすすめです。
ニオイは水分に溶けやすいので、これだけでも効果があります。
【用意するもの】

タオル・・・1枚

【濡れタオルを使った消臭方法】

タオルを水を濡らし、水滴が垂れない程度に絞ります。

部屋の窓や扉を開けて換気をしながら、天井や壁などニオイが付着している場所に向かってタオルを振ります。

ちなみに、アロマオイルを数滴たらした水を使ってタオルを浸せば、アロマの香りが部屋中に広がりますよ。
時間もかからない簡単な方法なので、ぜひ試してみてくださいね。

 

部屋の消臭テクニック2.茶葉を炒めて消臭

© PIXTA

茶葉の出がらしでも消臭効果があり、炒めた後の茶葉も消臭剤として再利用できますよ。
特に緑茶やほうじ茶は消臭作用を持つポリフェノールを多く含むため、より強い消臭効果が期待できますよ。
【用意するもの】

茶葉・・・適量

フライパン・・・1枚

【茶葉を使った消臭方法】

フライパンに茶葉を入れます。

弱火で5~10分ほど炒めて、茶葉の香りが部屋に立ち込めればOKです。

 

部屋の消臭テクニック3.重曹スプレーで消臭

© PIXTA

簡単に作れる重曹スプレーなら、お手軽に部屋の臭いを消臭することができます。
アルカリ性の性質を持つ重曹スプレーは、部屋や玄関などの、汗や皮脂などからくる酸性の臭いに対して特に効果的です。
部屋のソファーやクッションなどにスプレーしましょう。
【用意するもの】

重曹・・・小さじ1杯

水・・・100ミリリットル(1/2カップ)

スプレーボトル・・・1本

【重曹スプレーの作り方】

スプレーボトルに水と重曹を入れます。

フタを締めてよく振り、重曹がしっかりと溶け切ったら完成です。

 
【ガンコなタバコの臭いを消臭したいときは・・・】

タバコの臭いは部屋の家具や壁紙など、あらゆる場所にこびりついていることが多く、簡単な消臭方法ではその臭いを取ることはできません。
どうしても部屋のタバコの臭いを取りたい方は、こちらの記事(記事リンク)を確認してみてください。

 

部屋の臭いには日頃から注意!対策方法3選

急な来客にも慌てることのないよう、普段から部屋のニオイには注意したいところ。
ここでは部屋に臭いをこもらせないための、対策方法をご紹介します。

 

換気を徹底する

換気の際は部屋の複数の窓を同時に開け、対角線上に空気の通り道を作るのがポイントです。
このとき片方の窓を広く開けて空気の出口にし、もう片方は10~15センチほど開けて入り口にすると、風の通りも良くなりますよ。

 

消臭効果のあるグッズを活用する

© PIXTA

部屋の臭いを防ぐには、光触媒加工を施した人工観葉植物や、空気清浄機がおすすめです。
人工観葉植物はインテリアにもなるほか、空気清浄機には消臭に特化したタイプも登場しており、ニオイがこびりつく前に消臭することができますよ。

 

部屋に消臭剤を置く

© PIXTA

重曹・炭・コーヒーの粉のかす・茶葉のでがらしなど、空気中の臭いを吸収する効果を持つ天然の消臭剤を、普段から置いておくのも効果的です。
タバコを吸われる場合はコーヒーの粉のかすをタバコの灰皿に敷き詰めておくだけで、タバコ臭が充満するのを軽減してくれますよ。
コーヒーの粉のかすの消臭術について詳しく知りたい方はこちらの記事をチェックしてみて!

 
いかがでしたか? 急な来客などですぐに消臭したいときは、今回ご紹介した方法を試してみてください。

関連記事リンク(外部サイト)

【冷蔵庫の消臭】臭いと思ったらすべきこと|掃除の基本

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Pacomaの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。