体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ありえない!日本人が雨の日のニューヨークで驚いたこと〜シャワーキャップは雨具!?〜

ありえない! 日本人が雨の日のニューヨークで驚いたこと〜ニューヨーカーの驚きの雨具とは
ニューヨーカーは雨が降っている時でも、豪雨でない限り傘をさしません。ニューヨークにも雨季らしきもの(初夏と秋には雨が多い)はあり、降水量が少ないわけではないのです。

では、なぜニューヨーカーは傘をささないのでしょう。

ニューヨーカーが傘をささない理由

高層ビルが多いためビル風が強く、傘がさせない
ありえない! 日本人が雨の日のニューヨークで驚いたこと〜ニューヨーカーの驚きの雨具とは
マンハッタンは高層階のオフィスビルやホテルが多く、ビル風が強烈。風で1-2回煽られると、傘はおちょこになり、あっという間に壊れてしまいます。ストリートのゴミ箱に壊れた傘が多く打ち捨てられているのは、雨の日のお馴染みの光景。地下鉄駅が勤務場所の直ぐ近くにあることもあり、傘を持っても壊れてしまうくらいなら「傘なんて持たなくてもいい」というニューヨーカーが多数。

傘の品質が低く、壊れやすい
ありえない! 日本人が雨の日のニューヨークで驚いたこと〜ニューヨーカーの驚きの雨具とは
(C) Hideyuki Tatebayashi

アメリカで売られている傘は、悲しいほど品質が悪いものが多いです。傘を多く売るために、全米傘組合がワザと壊れやすく作っているのではと疑うほど。何年も使えるほどの丈夫な傘はなく、日本の傘の品質の良さを再認識します。

ビーチパラソル並みに巨大な傘
ありえない! 日本人が雨の日のニューヨークで驚いたこと〜ニューヨーカーの驚きの雨具とは
アメリカ人は大柄な人も多いですが、傘も大きいです。筆者が初めて見た時、「これはビーチパラソルかゴルフ場用の傘では?」と思いました。しかもレインボーカラー等のド派手なもの。服は濡れないかと思いますが、携帯するには嵩張りすぎます。

だって面倒くさいし
ありえない! 日本人が雨の日のニューヨークで驚いたこと〜ニューヨーカーの驚きの雨具とは
(C) Hideyuki Tatebayashi

まあ、一番の理由は「面倒臭い」ということでしょう。天気予報で雨の予想が出ると折り畳み傘を携帯する、几帳面な日本人とは文化や国民性がまったく異なります。多少の雨ぐらい気にしない、というところでしょうか。

次はニューヨーカーの驚きの傘代用品をランキングでご紹介。

ニューヨーカーの雨具ランキングTOP5

ありえない! 日本人が雨の日のニューヨークで驚いたこと〜ニューヨーカーの驚きの雨具とは
(C) Hideyuki Tatebayashi

ニューヨーカーは傘嫌いですが、傘代わりの雨具があります。驚きのニューヨーカーの雨具ランキング5をご紹介しましょう。

第5位 雨ガッパ
ありえない! 日本人が雨の日のニューヨークで驚いたこと〜ニューヨーカーの驚きの雨具とは
フードのついた、防水性のレインコート。日本で着ている人はあまりいませんが、ニューヨークではポピュラーな雨ガッパ。自転車や徒歩でデリバリーするレストランの配達員や郵便配達員には必須アイテム。彼らは傘をささず、雨雪の時は雨ガッパを着用します。また子供は通学時に着用。傘使用は時に危険(振り回す、目をつくなどの事故防止)なため、幼児は傘使用禁止の幼稚園もあります。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。