体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

自宅からすぐ! むしろ自宅?設備充実「マンション内サークル」に潜入

自宅からすぐ! むしろ自宅?設備も充実!マンション内サークル活動が魅力なワケ

最近、注目されるマンションのコミュニティ作り。その一助となるマンションのサークル活動も、プロの講師を呼んだり、特別な設備を導入したり、単なる趣味活動の域を越えてきている。今回はそんなマンション独自の施設や、住民の特技を活かした活動などを取材させてもらった。サークルに参加されている方の声もあわせて、いくつかのマンションの例をご紹介したい。

共用部を活用したサークル活動や教室に注目

最近の大規模マンションでは、共用施設が充実しているものが多い。中にはマンションの共用施設という常識を超えるような施設がある場合もある。だが、その活用方法に頭を悩ませているマンションも多い。共用施設を上手く利用しつつ、住民同士の円滑なコミュニケーションにも生かしている例を取材させてもらった。

1つは湾岸部の築10年とまだ新しいマンション、もう一つは築35年近い川崎市のマンションだ。いずれもサークルが、住民の間のコミュニティツールとして活用されている。

ヨガで朝から健康に…ブリリアマーレ有明

【画像1】一人ひとり丁寧に指導する吉澤愛さん(写真撮影/四宮朱美)

【画像1】一人ひとり丁寧に指導する吉澤愛さん(写真撮影/四宮朱美)

東京江東区有明1丁目に建つ1085戸の「ブリリアマーレ有明」。 最大の特徴は33階の最上階に共用施設が集まっていることだ。露天風呂付きのスパ(大浴場)、多彩な4つのゲストルーム、セラピールーム、トレーニングジム、キッチンスタジオ、100席あるバーラウンジにはレストランも入っている。

なかでも本格的な25mプールは圧巻だ。この一角にあるウッドデッキで、週に4日、ヨガ、ピラティス、脳活トレーニングなどの教室が開催されている。しかも利用料は1回500円のワンコインだ。現在、一回当たり定員14名だが毎月抽選になるほどの人気だ。

現在、理事長の川端正樹氏の案内で土曜日の朝ヨガに伺った。「このマンションは豊富な共用施設をどう生かすかを工夫することが重要です。そのために『私は〇〇を教えられる』と『私は△△を習いたい』をアンケートに取り、うまくマッチングさせ、共用施設を活用した教室やサークル活動を実施しています」とのこと。

指導しているのは、プロのヨガインストラクターであり住民でもある吉澤愛さんだ。「2013年からトライアルで始めました。気楽に始められると皆さんに喜んでもらえているようです」。マンション内なので朝8時30分からでも参加しやすい。

「家からトレーニングウェアで来て、終わればそのまま着替えずに自宅に帰ってシャワーが浴びられるのでラクに参加できるのが一番。だから無理なく続けられるんだと思います」と参加者の方。

また「土曜日の朝、夫に子どもを見てもらっている間に参加しています。外の教室に通うのは無理でも、ここなら大丈夫ですから」という子育てママも参加している。吉澤さん自身も子どもがいる上に、現在妊娠中だ。ママさん同士、妊娠期間中の体調や子育てについて相談できる場にもなっている。

「ベテランママの方に私が相談することもありますよ。ヨガは妊娠している方にも良いので私のレッスンでは無理のない範囲で続けられるようにしています」【画像2】最上階の光あふれるウッドデッキは立派な25mプールに隣接(写真撮影/四宮朱美)

【画像2】最上階の光あふれるウッドデッキは立派な25mプールに隣接(写真撮影/四宮朱美)

子どもたちも加わって陶芸教室…パークシティ溝の口

 【画像3】ふだんは大人だけだが夏休みなので子どもが参加している「陶芸くらぶ」(写真撮影/四宮朱美)
1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会