体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【商店街調査】300店舗以上!? “オシャレ”と“歴史”が共存する麻布十番商店街の魅力

【商店街調査】300店舗以上!? “オシャレ”と“歴史”が共存する麻布十番商店街の魅力

今や「オシャレ」「セレブ」といったイメージが強い麻布十番だが、300年以上続く「麻布十番商店街」があるのをご存じだろうか? 古くから周辺住民の生活の基礎としてかかわってきたであろうこの商店街、ユーザーたちはどんな印象を抱いているだろう? そこで、ユーザー100人にアンケート調査を行い、ホンネを探ってみることに。

きれいに整備された商店街。あの“名曲“のモデルになったお店も!?

東京メトロ南北線・麻布十番駅(もしくは都営大江戸線・麻布十番駅)から出ると、目の前にあるのが麻布十番商店街だ。ここには、300以上もの店舗が軒を連ねる。これだけの数があれば、自分好みの店も見つかりそうだし、さまざまな用途に対応できそうな気もするが、実際にこの商店街を利用するユーザーたちは、どんなところが気に入っているのだろうか? 上位10項目は、以下のとおり。

●好きなところ(複数回答)

1位:自分の好きなお店がいくつかある(61.0%)

2位:美味しいお店がある(57.0%)

3位:活気がある、雰囲気がよい(46.0%)

4位:お店の種類・数が豊富(38.0%)

5位:個人経営のお店がある(37.0%)

5位:商店街の長さがちょうどいい(37.0%)

7位:混雑度がちょうどいい(34.0%)

8位:きれい・清潔(30.0%)

9位:常連になっているお店がある(25.0%)

10位:安いお店がある(23.0%)

1位は、6割以上が回答した「自分の好きなお店がいくつかある」だった。2位「美味しいお店がある」の項目も、57%と他の商店街の調査結果よりも比較的高ポイント。これらについては、「よく行くお店」を聞いたので、少しだけだが紹介しよう。

【あべちゃん】

「焼き鳥ともつ煮がおいしい」(42歳・男性)

「子どもの頃から買って食べている焼鳥屋さん。手羽先と煮込みがおいしく、よく買って帰る」(52歳・女性)

【浪花家総本店】

「鯛焼きがほどよい甘さでお気に入り」(50歳・男性)

「『およげ!たいやきくん』のモデルのお店で、ワンちゃんとも入れる」(35歳・女性)

【登龍】

「少し(値段が)高いが、おいしい。昔から家族でよく行く。鳥そばが絶品」(49歳・女性)

「値段は高いが、とにかく何でもおいしい。特に餃子が好き」(45歳・女性)

このように、自分の好きなお店については飲食店をあげる人が多い。なかには「毎回新しいお店を見つけて入るのが楽しい」(23歳・女性)との理由で、行きつけは特に決めないという声もあった。【画像1】「あべちゃん」。この日はまだ開店前で仕込み中だったため、外観のみ。お店の人に話を聞いたところ、「15時くらいからにぎわい始める」とのこと(写真撮影/明日陽樹) 【画像1】「あべちゃん」。この日はまだ開店前で仕込み中だったため、外観のみ。お店の人に話を聞いたところ、「15時くらいからにぎわい始める」とのこと(写真撮影/明日陽樹)【画像2】「浪花家総本店」の鯛焼き、ひとつ税込150円。焼きたての皮はサクサクで、あんこも甘すぎずペロッと食べられる(写真撮影/明日陽樹) 【画像2】「浪花家総本店」の鯛焼き、ひとつ税込150円。焼きたての皮はサクサクで、あんこも甘すぎずペロッと食べられる(写真撮影/明日陽樹)【画像3】「浪花家総本店」のご主人。作業中にもかかわらず、嫌な顔をせず、気さくに答えてくれた(写真撮影/明日陽樹)
1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。