ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

BIGBANG、入隊前のドームツアーに 合わせスペシャルイベント開催決定

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

BIGBANGが11月からのドームツアーにあわせ『BIGBANG SPECIAL EVENT』を開催することを発表した。
BIGBANG (okmusic UP's)

先日、G-DRAGONが日本で行ったソロドーム公演で「11月からBIGBANGとしてのジャパンドームツアーを開始しますが、それを終えるとしばらく長いブランクに入ります。悔いの無いように素晴らしいパフォーマンスをたくさん、皆さんにお見せしたいと思いますので、どうぞ期待していてください」とコメントしたことからもうかがい知れる通り、これまでの日本活動を支えてくれたファンに対し、その感謝の気持ちとしばしの別れへの名残をともに分かち合うためのイベントとして開催が決定した。

このスペシャルイベントは、12月13日(水)東京ドームと12月23日(土)京セラドーム大阪の計2か所2公演。メンバー4人のトークセッションと数曲のパフォーマンスが楽しめる約60分で、各日ドーム公演前に開催される。現在入隊中のT.O.Pを除くG-DRAGON・SOL・D-LITE・V.Iの4名が、BIGBANGとして長いブランクを前にファンとの交流のために開催するスペシャルイベントとあって、2016年に開催された『BIGBANG SPECIAL EVENT -HAJIMARI NO SAYONARA-』に続く感動的なイベントとなることは必至だ。

2017年は5月~6月にかけBIGBANGとしてスペシャルイベントドームツアーの開催があったものの、D-LITEの日本ドームツアーおよびホールツアー、G-DRAGONのワールドツアー、SOLのワールドツアーなど、ソロでの活動をメインとしている彼ら。その締めくくりとして、前述のとおり11月から、自身の持つ記録を自ら更新する“海外アーティスト史上初の5年連続日本ドームツアー”となる『BIGBANG JAPAN DOME TOUR 2017 -LAST DANCE-』を開催する。自身の楽曲より「LAST DANCE」という意味深いタイトルが銘打たれた本ツアーは、メンバー4人の入隊が来年早々にも見込まれているなか、BIGBANGとして入隊前最後のツアーとも囁かれており、今後の動向に注目が集まっている。『BIGBANG JAPAN DOME TOUR 2017 -LAST DANCE-』は11月18日(土)・19日(日)福岡 ヤフオク!ドーム公演を皮切りに、11月23日(木)・24日(金)・25日(土)京セラドーム大阪、12月2日(土)・3日(日)ナゴヤドーム、12月6日(水)・7日(木)・13日(水)東京ドーム、12月21日(木)・22日(金)・23日(土)京セラドーム大阪の全4都市13公演、総動員数は64万6,000人という規模での開催が予定されている。
『BIGBANG JAPAN DOME TOUR 2017 -LAST DANCE-』
11月18日(土) 福岡 ヤフオク!ドーム

11月19日(日) 福岡 ヤフオク!ドーム

11月23日(木) 京セラドーム大阪

11月24日(金) 京セラドーム大阪

11月25日(土) 京セラドーム大阪

12月02日(土) ナゴヤドーム

12月03日(日) ナゴヤドーム

12月06日(水) 東京ドーム

12月07日(木) 東京ドーム

12月13日(水) 東京ドーム

12月21日(木) 京セラドーム大阪

12月22日(金) 京セラドーム大阪

12月23日(土) 京セラドーム大阪

※出演予定はG-DRAGON, SOL, D-LITE, V.I の4名となります

<チケット料金>

指定席¥12,000+税 ※来場者プレゼント付き(当日お渡しのみ)

年齢制限:3歳以上よりチケット必要 3歳未満は入場不可

■Yahoo!3次先行

受付期間:2017年10月1日(日) 15:00 ~2017年10月11日(水) 23:59 ※抽選

受付URL:http://r.y-tickets.jp/bigbang1702
『BIGBANG SPECIAL EVENT』
12月13日(水) 東京ドーム

12月23日(土) 京セラドーム大阪

※出演予定はG-DRAGON, SOL, D-LITE, V.I の4名となります

<チケット>

指定席¥10,000+税

年齢制限:3歳以上よりチケット必要 3歳未満は入場不可
 (okmusic UP's)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。