体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ときめきを乗せて走る…旅の新スタイル!注目が高まる「観光列車」の魅力とは?

観光列車の魅力とは

ここ数年、注目が高まっている観光列車は、目的地への単なる移動手段ではなく、車内で過ごす移動そのものを目的とした新しい旅のスタイル。ゆったり乗っているだけで非日常に浸れ、特別な体験ができるので、大人にこそオススメしたい旅の楽しみ方です。

今回はその魅力を探るべく、東京・埼玉間を繋ぐ「西武 旅するレストラン 52席の至福」をご紹介。

あなたも、観光列車に乗ってお出かけしてみては?

記事配信:じゃらんニュース

西武 旅するレストラン 52席の至福【西武鉄道/埼玉県・東京都】

ときめきを乗せて走る列車で過ごす旅時間

西武 旅するレストラン 52席の至福予約完了後、チケットや発着地・秩父の観光案内が届く。乗車前後に、秩父観光を計画するのもいい ある日、届いた1通の封書から旅は始まった。差出人は西武鉄道の「西武 旅するレストラン 52席の至福」。一風変わった名前の正体は、その名の通り車内に設けられた52のテーブル席で食事ができる列車だ。封書の中身は予約しておいた列車のチケット。同封の案内を眺め、旅の計画に胸を高鳴らせつつ当日を待ち望むのも楽しい時間だ。西武 旅するレストラン 52席の至福秩父連山の紅葉や長瀞の桜をデザインした車両。記念撮影もぜひ西武 旅するレストラン 52席の至福レッドカーペットを歩いて観光列車の旅へ…。乗車口ではアテンダントが迎えてくれる。受付を済ませて車内へ西武 旅するレストラン 52席の至福秩父銘仙ののれんや地産の木材など沿線の産品を取り入れた内装西武 旅するレストラン 52席の至福客車は2両あり天井のデザインが異なるので見比べたい 当日、列車の出発駅・西武秩父駅のホームには水色の愛らしい列車が待っていた。4両の車両に秩父の四季を表現した列車は、有名建築家・隈研吾氏のデザイン。普段使う列車とは見た目から違い、旅情満点だ。乗車口には赤いカーペットが敷かれている。少々照れ臭くも特別感があり、旅への期待をふくらませてくれる。席に着いて間もなく、列車はするりと動き出した。これから東京へ向け、通常1時間半ほどの区間を2時間以上かけてのんびりと進んでいく。西武 旅するレストラン 52席の至福できたてをサーブするため発車後も調理が進行。キッチン車両はオープンキッチンになっており調理風景を見られる西武 旅するレストラン 52席の至福客席にはお品書きやオリジナルのカトラリーがセットされている西武 旅するレストラン 52席の至福ウェルカムドリンクのスパークリングワインで乾杯西武 旅するレストラン 52席の至福ひと品ずつ届く美味の数々。まさに走る本格レストラン。食事に合わせて飲み物を注文できる。秩父に蒸留所があるウィスキー「イチローズモルト」や秩父産ワインも西武 旅するレストラン 52席の至福車内で調理したできたてだからパスタの茹で加減も絶妙西武 旅するレストラン 52席の至福盛り付けも味わいもクオリティが高く、ひと品味わうたび驚きと感動の連続西武 旅するレストラン 52席の至福1両に2~3名のサービスアテンダントが付き、配膳や飲み物の注文に対応西武 旅するレストラン 52席の至福生演奏のイベントが特別な夜をより盛り上げる。生演奏の内容はクラリネットやバイオリンなどその日により異なる西武 旅するレストラン 52席の至福列車が進むほどに車窓は暮れていき、車内もしっとりしたムードに西武 旅するレストラン 52席の至福デザートまで味わえて大満足のディナー西武 旅するレストラン 52席の至福見送りを受け列車を降りると一気に日常世界が広がり不思議な気分
1 2 3次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会