体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

体験型の物産展が新しい!札幌圏のグルメや名産物をカフェスタイルで満喫

2017年10月5日から10月9日まで、札幌市とその近郊地域でしか食べられない限定スイーツやジビエ(エゾシカ肉のステーキ)などを、お手頃価格で体験できる「SAPPORO AREA GOURMET FES」が、豊洲のCAFÉ;HAUS(カフェハウス)で開催されています。

 

これは、札幌広域圏構成自治体 (札幌市・江別市・千歳市・恵庭市・北広島市・石狩市・当別町・新篠津村)が主催する5日間限定の“体験型の物産展”で、カフェハウスには8つの市町村の食材を利用したメニューを注文できるほか、地域の名産品などに触れて楽しむことができます。

 

カフェでスタイリッシュな物産展

店内には、札幌市・江別市・千歳市・恵庭市・北広島市・石狩市・当別町・新篠津村の魅力を知ってもらおうと、パンフレットやフリーペーパーが置かれ自由に持ち帰ることができます。

 

また、北海道の観光名所をドローンで撮影した絶景ムービーを上映しており、大自然が魅力の小樽から稚内を走る「オロロンライン」や札幌の「モエレ沼公園」、千歳市にある淡水湖「支笏湖」などを、店内にいながら訪れた気分になれます。

 

※モエレ沼公園のガラスのピラミッド

 

※支笏湖

 

※地平線(オロロンライン)

 

札幌広域圏ならではのコラボメニューの数々

札幌市を中心に市のベットタウンのイメージのある周辺地域ですが、実は、広大な農地や自然が広がっており、各市町村にはそれぞれの特産品や名物がたくさんあるそう。

 

例えば、札幌市の3区(東区・白石区・厚別区)に隣接し、札幌市とアクセスの良い江別市の宅地割合は30%くらいだそうで、今回のコラボカフェグルメのパスタに使われている江別小麦の他にもブロッコリーなどの特産品が育てられています。

 

※当別町SPF豚バラベーコンと札幌市ミニトマト 江別小麦のもちもちパスタ

 

千歳市はハスカップやブルーベリーが特産です。千歳空港周辺の広大な畑に実るハスカップは、他の果物に比べて栄養価が抜群! 中でも最も抗酸化作用の強い「シアニジン」を多く含み、アイヌの人々から「不老長寿の実」と呼ばれていたそうです。

 

※さっぽろりんごミルフィーユ~ソースを添えて~

 

『さっぽろスイーツ2017グランプリ』に輝いたミルフィーユ。インスタ映えはもちろん、なんでこんなにフワフワなの!? という生クリームにハスカップの程よい酸味と林檎の甘さがマッチ。

※当別町ジビエ工房 エゾシカ肉のランプステーキ

 

石狩郡当別町はジビエの町。人気の『株式会社ジビエ工房』さんから直送された鮮度の高いエゾシカ肉を食べることができます。

1 2次のページ
マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会