ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

海外での病気時に活躍! 医療用通訳アプリ「Universal Doctor Speaker」は日本語にも対応

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

外国への旅行で最も心配なのが病気や怪我。渡航先の言語を流暢に操れればいいが、それでも急を要して気が動転している時や熱で朦朧としているときなど、的確に症状を伝えられるかという不安は残るもの。

そんなときに便利なのが、医療用語に特化した通訳アプリ「Universal Doctor Speaker」だ。日本語を含む17言語に対応し、症状や病歴などをオーディオで通訳してくれる。

・音声と文字で通訳

英語での日常会話に不都合はなくても、医療用語まで網羅しているという人はそう多くはないだろう。ましてや、英語以外の言語となればお手上げ、というのがほとんどではないか。

通訳アプリは数多くあるが、Universal Doctor Speakerは医療用語に特化している。自分と相手の言語をそれぞれ選択すると、入力した言葉を音声と文字で通訳してくれるという、いたってシンプルなアプリだ。

・病歴を一覧に

その場での通訳に加え、自身の病歴や血液型、アレルギーの有無などを一覧にしてまとめておくことができるのも便利。必要に迫られたらスマホですぐに伝えられるので安心感がある。ちなみに、アプリをダウンロードすればオフラインでも使用できる。

対応する言語は、日本語、英語、スペイン語、フランス語、中国語、ポルトガル語、イタリア語、ドイツ語、ロシア語、アラビア語など。頻繁に海外に出かける人、外国人と接することが多い医療関係者の人はダウンロードしておくと良さそうだ。iOSとAndoroidで利用できる。

Universal Doctor Speaker

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。