ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【さとり少年団】 現役男子高校生、“さとり少年団”デビュー!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

男子高校生3人組のダンス&ヴォーカルユニット“さとり少年団”が1stシングル「ヘルプ ユー」でついにデビュー! 今作を引っ提げた初のリリースイベント直後のメンバーにライヴに対するスタンスと「ヘルプ ユー」について訊いた。
L→R 謙信、永玖、颯斗 (okmusic UP's)
──1stシングル「ヘルプ ユー」のリリースが決定し、つい先ほど初のリリースイベントが行なわれましたが(9月16日@千葉・西武船橋店 カーニバル広場)、手応えはどうでした?
謙信
「あっと言う間でしたね! 新曲も披露しましたし、素敵なイベントになったと思います。」
永玖
「初めてのリリースイベントだったし、テンションも上がっていて。始める前は不安もあったけど、すごく楽しかったです。」
颯斗
「ストリートライヴはずっとやってきたんですけど、いつも以上に緊張しましたね。でも、ステージに出たらファンのみなさんがすごく応援してくれて。サプライズには驚きましたけど(笑)。」
──イベント中にTBSの伊東 楓アナウンサーとドライブヘッド 01MKII サイクロンインターセプター(アニメのキャラクター)が登場し、1stシングル「ヘルプ ユー」がアニメ『トミカハイパーレスキュードライブヘッド〜機動救急警察〜』の10月クールオープニング主題歌になることが発表されたという。
謙信
「いつか主題歌を担当してみたいという夢があったので、それが叶って嬉しかったですね。」
──さとり少年団は2015年に結成されて、これまではストリートライヴ中心の活動を行なってきましたが。
颯斗
「はい。ミューザ川崎で定期的にストリートライヴをやらせてもらっていました。」
謙信
「機材のセッティングやバミリ(立ち位置にガムテープを貼る作業)も自分たちでやっていたんですよ。」
永玖
「最初は大変でしたね。ダンスしながら歌うのも初めてだったし…。」
颯斗
「ダンスは小学校1年生の時からやってるんですけど、お客さんの前でパフォーマンスするのは初めてで、最初は自己紹介やMCも棒読みだったんですよ。で、お客さんから“棒読みキャラなんだね”って言われたり(笑)。」
謙信
「(笑)。僕はさとり少年団に入ってからダンスを始めたので、ぜんぜん慣れてなくて。最初は顔が強ばってたけど、2年経ってだいぶ成長できたと思います。」
颯斗
「“どうやったら楽しんでもらえるか?”とか“この曲はどう表現するか?”って、やっと考えられるようになったので。」
永玖
「うん。もちろんまだまだだし、もっと練習しないといけないんですけど。」
──では、1stシングル「ヘルプ ユー」について聞かせてください。ロックテイストのナンバーですが、最初に聴いた時の印象は?
永玖
「純粋に“カッコ良い!”って思いました。ずっと“アップテンポの曲が欲しいね”って話してたのですごく嬉しかったし、聴いた瞬間は気持ちが高ぶりました。」
颯斗
「初めて聴いた時は“キター!”って感じでした(笑)。すごくカッコ良いし、お客さんを巻き込める曲になるなって。」
謙信
「“ヘルプ ユー”って“あなたを助けます”という意味じゃないですか。今まではファンの方やスタッフのみなさんに助けてもらうことが多かったから、この曲をきっかけにして、みんなを助けられる逞しい自分たちを見せられたらいいなって思ってます。」
颯斗
「“助けてあげるよ”っていう。頼れるさとり少年団になりたいですね!」
──ステージで披露する時も強い気持ちになれるのでは?
颯斗
「そうなんですよ。すごく前向きな曲だから、パフォーマンスする時の表情もポジティブになるというか。」
謙信
「自然と変わってくるよね。」
永玖
「“俺がいるから大丈夫。逃げずに一緒に戦おう”という熱い友情を歌ってますからね。」
颯斗
「強いメッセージだよね。」
謙信
「この曲を歌うことになって筋トレを始めたんですよ。まずは自分を鍛えようかなって。」
颯斗
「体力作りも大事だからね(笑)。」
──(笑)。シングルのA盤には「gomenne」を収録していますが。
颯斗
「以前からライヴでやっていた曲で、ファンのみなさんから“いつ音源になりますか?”と言われていたので、収録できて嬉しいです。曲調はザ・バラードって感じですね。」
永玖
「失恋ソングだね。」
颯斗
「そう。“ごめんね”が上手く伝えられないっていう…。これって恋愛だけじゃないと思うんです。友達同士の喧嘩にも当てはまると思うし。」
──そして、B盤には「It`s My JK Life」。
永玖
「一番盛り上がる曲ですね。この曲、初めて3人で作詞にアイデアを出させてもらったんです。」
颯斗
「曲を渡されて3人それぞれ考えて。」
謙信
「僕は“夢を叶えよう”みたいなアイデアを出しました。」
永玖
「僕は“Have a good time”という楽しい感じで。」
颯斗
「ふたりがそうくると思ったから、僕は恋愛のアイデアを提案したんです。」
謙信
「“理想の高校生活じゃないけど、頑張っていこう”という歌ですね。」
──C盤には「BREAK ME DOWN」のリアレンジバージョンが収録されるとのことですが。
颯斗
「この曲はこれまでもライヴでずっと歌っていて。手作りのCDを作って、5,000枚手売りできたらCDデビューができるという企画に挑戦したんですけど、達成した時は嬉しかったですね。」
謙信
「うん。それが「ヘルプ ユー」につながったし。」
颯斗
「今回収録されるのはリアレンジバージョンなんですけど、完成はまだなので僕たちも楽しみです!」
──では最後に、さとり少年団の次の目標は何ですか?
永玖
「主題歌という目標は叶ったので…」
颯斗
「次はワンマンライヴですね!」
謙信
「そうだね。実現できたら、すごい幸せだろうな。」
颯斗
「そのためには曲を増やさないとね。頑張ります!」
取材:森 朋之
シングル「ヘルプ ユー」
2017年11月15日発売

SDR

【A盤】

ZXRC-1120 ¥1,000(税込)

【B盤】

ZXRC-1121 ¥1,000(税込)

【C盤】

ZXRC-1122 ¥1,000(税込)
『デビューシングル「ヘルプ ユー」 リリースイベント』
10/08(日)13時~ 千葉・流山おおたかの森S・C

10/15(日)13時~ 神奈川・タワーレコード川崎店

10/21(土)13時~ 埼玉・ららぽーと富士見

10/28(土)13時~ 東京・ららぽーと立川立飛
さとり少年団
サトリショウネンダン:2015年結成。スターダストプロモーション所属の若手男性アーティスト集団EBiDAN(恵比寿学園男子部)の永玖、謙信、颯斗からなる3人組ダンス&ヴォーカルユニット。デビュー前から毎月ストリートライヴを重ね、実力派グループとしての基礎を築く。そんな2年間のストリートライヴ武者修業を経て、17年11月にシングル「ヘルプ ユー」で満を持してデビュー!

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。