ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

7,000人のボランティアでつくる、熊本「みずあかり」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
7,000人のボランティアでつくる、熊本「みずあかり」

この週末、「みずあかり」が開催される。

熊本に希望のあかりを——

そんなテーマで毎年10月に開催されているこの祭典も、今年で14回目を数える。平成16年から続く、特別な秋夜。

私が気になったのは、ただ「キレイ…」だけでは終わらない背景があったからだ。

熊本城の周辺に灯る
5万4,000個の「ろうそく」

7,000人のボランティアでつくる、熊本「みずあかり」

10月7日〜8日の2日間に渡って、花畑公園、市民会館前・坪井川を灯すこれらの「竹」「火」「水」「ろうそく」は、熊本の資源の象徴とも言うべきもの。

さらに、この美しい風景が、プロの業者などではなく、述べ7,000人のボランティアの手によって生み出されている、というからオドロキだ。

そこに住む人たちがただの傍観者となり、地元のお祭りに対して「ああでもない、こうでもない」と語るのは簡単だ。

でも「みずあかり」に感じるのは、そういったお祭りからの脱却。

自分たちの手で、訪れる価値のある、本物のお祭りをつくる、ということだ。7,000人のボランティアでつくる、熊本「みずあかり」

喜びから切なさまで
共感できること。

7,000人のボランティアでつくる、熊本「みずあかり」

年を追うごとに、市民のお祭りとして賑わいを増しているものの、そこには、熊本の魅力を再発見して「ここに暮らす喜びや、切なさまでも共感できる市民と地域でありたい」という願いが込められている。

それはまさに、お祭りの「原点」とも言えるかもしれない。7,000人のボランティアでつくる、熊本「みずあかり」7,000人のボランティアでつくる、熊本「みずあかり」7,000人のボランティアでつくる、熊本「みずあかり」7,000人のボランティアでつくる、熊本「みずあかり」7,000人のボランティアでつくる、熊本「みずあかり」7,000人のボランティアでつくる、熊本「みずあかり」7,000人のボランティアでつくる、熊本「みずあかり」7,000人のボランティアでつくる、熊本「みずあかり」

地元の資源をつかい、市民の力で、循環する社会を目指す、まさに「暮らし人」の祭典。

今週末の10月7日、8日開催です。

第14回 熊本暮らし人まつり みずあかり

■日時:
2017年10月7日(土)点灯18時〜22時
2017年10月8日(日)点灯18時〜21時

■場所:
熊本県熊本市中央区花畑町一帯

Licensed material used with permission by 熊本暮らし人まつり みずあかり

関連記事リンク(外部サイト)

震災から1年。熊本を「食べて」応援してみませんか?
【熊本地震】GoogleやFacebookの安否確認機能のほか、無料Wi-Fiスポットや災害支援金を募るプロジェクトなど
熊本の幼稚園が、世界中で絶賛されるワケ。「雨水」が建物の中に入ってくる?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。