ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

素肌もっちり快感。和食からヒントを得た「野菜コスメ」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

同調しない。おもねらない。

大切にしたいのは、自分の心が「良い」と思えるかどうか。

そんな気持ちを体現してくれるかのようなスキンケアが誕生しました。

和食からインスピレーションを受けた新スキンケア

20171005_waso02.jpg

10月1日に「SHISEIDO」から登場したのが、新スキンケアライン「WASO(ワソウ)」。

コンセプトは「素材の良さを引きだすスキンケアで、あなたらしい美しさへ」。

「WASO」がおもしろいのが、和食の考えにインスピレーションを受けているというところ。

素材そのものの個性を生かした味付けを大切にする和食のように、人それぞれの価値観や肌状態をふまえたうえで本質的なケアをすることができるのです。

驚くほどしっとり。にんじんから着想を得たクリーム

20171005_waso03.jpgWASO クリア メガハイドレーティング クリーム 4,860円(税込)

また、「WASO」は、にんじん、びわの葉、豆腐、白きくらげ、はちみつの5つの自然素材に着目して作られたスキンケア。

パッケージもそれぞれの素材を連想させるようなカラーとなっています。

実際に試してみたところ、いちばん心を動かされたのが、にんじんから着想を得た「クリア メガハイドレーティング クリーム」。

ぷるぷるとしたクリームを肌にぬると、すーっと染み込んで、驚くほどしっとりとした触り心地に変身しました。

あまりの触り心地の良さに、塗布後はしばらくの間、肌を無意識に触っていたほど。

スキンケアって毎日面倒くさいって思っていたけど、この快感を得られるならよろこんで取り組みたいくらいです。

スキンケアの順番に決まりはない

さらに、「WASO」はスキンケアの順番にもとくにルールを設けていないとのこと。

一般的には、化粧水、美容液、乳液、クリームの順番が推奨されていますが、「WASO」では自分の気分や好みに合わせてスキンケアをしてほしいのだそう。

ルールがない、というだけで少し解放的な気分になれます。

なんとなくのスキンケアはもう終わりにして、自分の素材の良さを活かせる本質的なスキンケアにシフトチェンジしたくなりました。

ワタシプラス, WASO

写真/Shutterstock

■ あわせて読みたい

くすみ、クマ、ニキビ跡…。肌悩みをカバーする素肌メイクをプロに聞いてみた
シャネルの世界観を六本木で満喫。新フレグランスが五感を刺激してくれる
外国人みたいなホリ深目もとに近づく、5色セットのアイシャドウ #30
9色で目もとをクリエイティヴに彩るM•A•Cのアイシャドウ #29
くすみや乾きを一掃してくれる、お直しに特化したアイシャドウ #28
1本で3WAY。自然な血色を出してくれるアイシャドウ #27
うるつや目もとを作る、THREEのリキッドタイプのアイシャドウ #26

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。