体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「モテるために生きてる!」 モテクリエイター・ゆうこすが語る「ぶりっ子のススメ」

いまどきのネットを騒がせている女性たちを紹介する「ネット系女子!」。今回は“ゆうこす”こと菅本裕子さん。

2012年に電撃的にHKT48を脱退後、数年の充電期間を経て2016年に講談社が主催する女性アイドルオーディション「ミスiD 2016」に応募。小悪魔系“ぶりっ子”キャラが評価され、準グランプリを獲得。その後、自身の職業を“モテクリエイター”と称して“モテる”メイクやファッション情報、時には女性の心の本質をついたつぶやきをSNSで発信し、若い女性を中心にファンを獲得。

その勢いは止まることなく、今年4月に『#モテるために生きている!』、9月にはSNSを使った発信のノウハウを記した『SNSで夢を叶える〜ニートだった私の発信力の育て方〜』を発売しました。

ともすれば同性からの反感を買いかねない“ぶりっ子”キャラの彼女。どういうわけか、実は若い女性からも絶大な支持を集めているらしい。

その理由はどこにあるのか? 謎に迫ってみました。

「生まれたときからモテたいと思っていました」

――“モテクリエイター”として活動し、『#モテるために生きている!』という本まで出版されましたが、そもそもモテたいという思いはいつから抱いていたんですか?

母のお腹にいた頃から、つまり生まれたときから思ってました。ずっと、『勉強できるね』とかより『かわいいね』って言われる方が嬉しかったんですよね」

――ではやはり、生まれたときからずっとモテていた?

「うーん、幼少期はモテていたと思いますけど、それ以降、最近までは『すごくモテた!』というわけでもないんですよね。アイドルを辞めたあとはすっごくネガティブで、自分に自信も持てなかったですし。同じ頃Twitterも始めたんですけど、めちゃくちゃ暗かったです(笑)」

――HKT48を辞めた当初はいろいろ言われたりして、大変な状況だったと思います。

「そうですね。あの当時は脱退した理由を好き勝手言われて、『それは違う』ってYouTubeで主張してみたり、Twitterでなにか書かれたことにすぐ反応して落ち込んだりしてました。思い返せば当時は本当に病んでたなって(笑)。でも私も、『料理をしたいから脱退する』とか、コスメの情報を配信したいとか、芯のないことばかり言ってましたし、ツッコミどころ満載ですよね。

先日ファンイベントを開催したとき、当時からファンだった子が『ゆうこすがTwitter始めた頃にもらったリプライがあるんだ、見てみてー』ってスマホを見せてくれたんです。その女の子は『ゆうこす、すっごく可愛い!』ってリプライを送ってくれたのに、私は『いや私はぜんぜん可愛くないです……』『毎日泣いてます……』みたいな返事をしていて。闇が深いですよね(笑)」

――確かに。脱退後はどう過ごされていたんですか?

「辞めたのは2012年なんですけど、その後とある事務所に所属して、でも仕事したくなくて逃げまくってました。仕事から逃げたくて、家に帰らず公園で寝たこともあります(笑)。それから頑張って事務所を辞めて1年くらい実家で引きこもって、ニート状態でした。

でも家族から『いい加減働け!』って言われて、仕方なく東京への交通費だけもらって上京して。知り合いの家に1カ月だけ居候させてもらう約束で、結局1年ほど住まわせてもらいました。部屋は6畳しかなかったので、なかなかのストレスでしたけど(笑)」

――当時と比べると今は本当に楽しそうに活動されていますが、なぜここまで変われたのでしょうか。

「やっぱり好きなことだけして生きているからだと思います。辞めたあとはとりあえず料理タレントになるとか言ってみたりしましたけど、不安で、ネガティブになってしまって。さらにSNSで厳しいことを言われたりしたことでネガティブが極まった結果、『もう好きなことだけで生きていこう!』っていう気持ちになったんです。

冷静に考えてみると料理は好きだけど仕事にするほど好きじゃないし、うーん……ってなりまして。なにがいちばんか考えたときに、『やっぱり私は男の人に“可愛い”って言われることがいちばん好きだな、これを仕事にしたいな』って思ったんです」

1 2 3次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。