ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

今年のサンマは高い!ので、蒲焼缶詰できんぴらライスバーガーを作ってみた

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:sakanaya-sandaime:20171002121532j:plain

相変わらず生サンマが高い! 本当に高い!! 庶民の味方、サンマが高級魚になっちゃってます!!! でも、この時期無性に食べたくなるんですよね……。

仕方ない、生のサンマが高いなら缶詰で食べましょうか、というわけで、今回は「サンマの蒲焼き缶」を使ったレシピを紹介しますね。秋の行楽、これからの時季は紅葉を楽しみながらお外でごはん、片手にビール、片手に「ライスバーガー」、なんてお休みはいかがでしょう?

魚屋三代目の「サンマの缶詰できんぴらライスバーガー」

【材料】2人前

ごはん 80g×4 サンマの蒲焼缶詰 1個 ごぼう(千切り:水につけておく) 100g にんじん(千切り) 40g れんこん(小さければ輪切り、大きければ半月切り:酢水につけておく) 40g 輪切り赤唐辛子 ひとつまみ 白ごま 適量(小さじ1くらい) サラダ油 小さじ2~大さじ1 ごま油 少々

(A) 醤油、みりん、水 小さじ2 砂糖 小さじ1/2

作り方

f:id:sakanaya-sandaime:20171002121601j:plain

1. 温かいごはん(80g)をラップで包み、丸めてしっかり強めに握る。

f:id:sakanaya-sandaime:20171002121604j:plain

ラップを広げ丸めたごはんの上にもう1枚のラップをのせて手のひらで押し、周りが崩れないように成形して、粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やしておきます。蒲焼き缶はサンマとタレとに分けておきます。

f:id:sakanaya-sandaime:20171002121612j:plain

※100均キッチングッズのこんな「ライスバーガー用のご飯型」を使ってもキレイに仕上がります!

f:id:sakanaya-sandaime:20171002121629j:plain

2. 熱したフライパンにサラダ油を入れ輪切り赤唐辛子を加え、ごぼう、にんじん、れんこんを入れて炒めます。全体に油がまわり、火が通ってきたら1の蒲焼のタレと(A)を混ぜて加え、汁気を飛ばすように炒って煮詰めていきます。

f:id:sakanaya-sandaime:20171002121639j:plain

サンマの身を加え、仕上げにごま油を加えてひと混ぜし、白ごまを散らします。

f:id:sakanaya-sandaime:20171002121644j:plain

3. フライパンを熱し、1で冷やしたごはんを焼いていきます。中火で両面に焼き目を付け、醤油とみりんを1:1(分量外)で混ぜたタレを外側に塗って焼き色をつけます。カリッと焼けたごはんにフリルレタスを敷き、2のさんまの蒲焼き、きんぴらをのせ、焼いたごはんで挟みます。

※ごはんを焼く時はクッキングホイルを使うとくっつかず、崩れにくくなるのでオススメです。

焼く時に触りすぎると崩れやすくなるので注意! ご飯を固めに炊いて、まとまりづらい場合は片栗粉を小さじ2くらい混ぜてから80gずつ4等分にして下さい。魚焼きグリルでも焦げ目がついておいしく焼けます。

焼きのりや目玉焼きなどトッピングしてもおいしいよ!

f:id:sakanaya-sandaime:20171002121537j:plain

きんぴらは市販のお総菜を利用したって問題なし。でも、自分で作ったほうが辛めにできたり甘めにできたり、断然ウマい!

f:id:sakanaya-sandaime:20171002121541j:plain

目玉焼きや、本家きんぴらライスバーガーのように焼きのりをプラスしてもおいしいです。私は目玉焼きとマヨネーズをトッピングしましたよ~。大葉やカイワレもオススメ、ゆかり(赤しそふりかけ)や青のりをライスバンズにかけたり、焼く前にごはんに混ぜてもOKです。

作った人:魚屋三代目

魚屋三代目

本名・柳田昇(やなぎたのぼる)。神奈川県厚木市で50年以上続く鮮魚店の三代目。父と魚屋を営むかたわら、旬の魚介の簡単な料理や捌き方をブログ『魚屋三代目日記』にて紹介しています。レシピ本などの書籍やテレビなど幅広く活動。 ブログ:魚屋三代目日記 ホームページ:鮮魚 魚武

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍する人気ブロガーをはじめ16,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など90万件のお料理レシピを無料で検索できる。 ウェブサイト:レシピブログ Instagram:@cookingram.jp Facebook:@comu.recipeblog

※この記事は2017年10月の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

魚屋さんが伝授する、旬のサンマ「ウマい焼き方のコツ」【永久保存版】
【鉄道メシ】創業100年を超える駅弁の名店カフェで“押す前の”鯵の押寿しを味わう「茶のみ処 大船軒」
【シリーズ第2弾】老舗魚屋の主人が作る「チャーハン」が抜群にウマい理由

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。