ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

遺品整理でネクストが選ばれる理由とそのメリットとは

  • ガジェット通信 GetNewsを≫

遺品整理でネクストが選ばれる理由とそのメリットとは
遺品整理のネクストはメディアに何度も取り上げられた実績のある遺品整理業者です。

話題性や人気があるのは、ネクストの遺品整理などの業務に大きな個性があるからでしょう。

遺品整理の依頼をした利用者からの感謝の声が掲載されているネクストのホームページでもネクストの独自性と使い勝手のよさ、そしてネクストに依頼した人に対する対応のよさがネクストからは、伺えます。

そこで、今回は遺品整理でネクストを利用するメリットを具体的に紹介させていただきます。

ネクストで遺品整理をするメリット

c1359323913142790028983b2d60e14b_s

ネクストの料金のわかりやすさ

ネクストのホームページには遺品整理の参考価格一覧表が提示されています。

遺品整理内容の具体的な説明も載っているので、遺品整理を依頼をする前におおよその出費を予想しやすく、予算を立てやすいのがネクストの強みの一つです。

部屋の広さと遺品整理する人数によって金額がだいたい決まっているので、非常にわかりやすくなっています。

また、他の遺品整理業者ではオプション料金で追加となる場合が多い作業も遺品整理の基本料金に含まれています。

これらは遺品整理に必要と考えられる部分なので、追加オプションで料金が膨れ上がるのを防いでいるのです。

さらに依頼人に予算の都合がある場合には相談に応じてもいます。

見積もりから作業まで同じネクストのスタッフが担当

LALA160328260I9A9513_TP_V
遺品整理の場合、家族にはさまざまな身内ならではのリクエストや、守って欲しいこと、特殊な依頼などがあります。そのような相談は遺品整理の見積もりの際に行われることになります。

もし、見積もり担当と現場担当が違っていると、そのような依頼人との約束事がきちんと伝わっていない不安が生じてしまいます。

1度説明したことをまた繰り返して説明しなくてはならなくなっては遺品整理の見積もりをした意味がないとも言えます。

そのような事態を避けるために、ネクストでは依頼人ごとに専任スタッフ制となっていて、最初から最後まで同じスタッフが担当し続けるのです。

なんでもないことのようですが、信頼関係という意味でもずっと同じ担当者というのは大きいのです。

ネクストは、年中無休24時間受付

PAK85_virssearch20140531_TP_V
ネクストではフリーダイヤルの電話での受付の他に、メールフォームでの受付を行っていて、24時間365日、いつでも見積もり依頼や相談をすることができるようになっています。

なかなか営業時間内に連絡することができない場合には、ホームページのメールフォームを利用することで、手軽に見積もりの依頼や相談をすることができます。

電話での受付は8時から20時となっていますが、フリーダイヤルなので料金が発生せず、長い相談になっても安心してかけることができます。

相談や見積もりは無料で行っているので、依頼はせずにとりあえず見積もりだけという場合でも大丈夫です。

ネクストの基本料金内に清掃代も

遺品整理の際の清掃というのは多くの場合、オプションだったり、おこなっても簡易な作業であることがほとんどです。

しかし、ネクストの場合は、基本料金で、室内、キッチン、水回り、など、退去の際に行われる清掃作業を全て行うようになっています。

賃貸住宅で、遺品整理後に退去しなければならない場合には、とても助かる作業と言えるでしょう。

さらに亡くなった部屋の汚染が酷い住居の場合には特殊清掃が必要となります。

ネクストは特殊清掃をオプションでつけることができるので、そういった場合でもまとめて依頼することができてお得です。特殊清掃には特別な技術と機械類が必要となります。

そのため、技術がない遺品整理業者ではオプションとしても扱っていない場合が多いのです。その点、さまざまなケースに対応できるネクストはとても便利です。

ネクストに依頼する際の注意点

OOK92_5000mannoookisakaban20131223_TP_V

ネクストは対応エリアを確認する

ネクストは支店が多く、対応エリアも広いのですが、全国をカバーしているわけではありません。全国対応だと思って連絡してみたら対応外の地域だったということもありえます。

エリアとしては東北、関東、中部、関西、九州が該当エリアになります。
それぞれ支店のある場所を中心に対応しているのですが、かなりの広範囲であることは間違いありません。

また、ある程度エリア外でも相談を受け付けているので、どうしてもネクストに依頼したいという場合には相談してみるといいでしょう。

形見分けの配送

ihai_2
ネクストの遺品整理には仕分け作業が含まれていて、貴重品は発見されると依頼人に連絡があります。

その際に、形見の品物を親族に形見分けしたいということもあるでしょう。

形見分けの作業を自分で行うのは面倒くさいという場合には、実はそのままネクストに依頼することができます。
ただし、配送料金等は別料金として支払う必要があります。

仕分けてもらった貴重品を引き取って、自分で親族に配送するのは案外と大変な手間になります。
全員が身近に住んでいる場合には手渡しでいいのですが、地元を離れて暮らしている家族がいる場合はとても手間がいります。

オプション料金はかかりますが、そのまま形見分け配送で依頼すれば、面倒な作業から開放されます。
形見分け作業が大変な場合は利用してみてもいいでしょう。

ネクストではエアコン等の取外は別料金

ほとんどの遺品整理作業を基本料金に含めているネクストですが、いくつかオプション扱いになる作業があります。
なかでもエアコンの取り外しなどは盲点になる作業です。

エアコンの取り外しは特殊な作業となるので別料金となってしまうのです。作業時にあわてないように、見積もりの際に確認するようにしましょう。

また、その他にもオプションとして追加すればやってもらえる面倒な作業もあります。

風呂釜の取り外しや畳の撤去などもオプションで可能です。

さらには車やバイクの廃車手続きもオプションで依頼できるので、もし、故人の車やバイクを処分したい場合にはまとめて依頼するといいでしょう。

作業中の立会いはできるだけ行う

遺品整理を依頼する場合、遠方で暮らしている家族の住居を片付けて欲しいということがあります。

そのような場合は、できれば立会いなしで業者だけで作業を行って欲しいと思ってしまうものです。

しかし、業者だけでは貴重品は仕分けできますが、思い出の品などの確認が取れない場合があり、処分されてしまった後から気づいて残念に思うこともあります。

ネクストの場合、作業の間終始立会う必要はなく、分別作業が終わったあとに確認を求められることになるので、長時間の立会いで疲弊するということもありません。

大切な思い出をなくしてしまってから後悔しないように、できるだけ作業の立会いはしたほうがいいでしょう。

まとめ

thinking-woman
遺品整理ネクストは広範囲なエリアで活躍する遺品整理業者です。

経験と実績が豊富で、一般的な同業者よりも多くの作業を基本料金に組み込んでいるので、使い勝手のいい遺品整理業者と言えるでしょう。

料金システムもわかりやすく、24時間いつでも受け付けをしていることも利用しやすいメリットと言えます。

システムに魅力を感じたら、遺品整理の際はネクストを利用するといいでしょう。

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。