ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【まとめ】下北沢に来たら絶対に食べておきたいカレー10選【下北沢カレーフェスティバル】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:Meshi2_IB:20171003222437j:plain

今年も下北沢カレーフェスが開催されます!

毎年10月に10日間。シモキタで開催される1年に1度のカレーのお祭り、それが下北沢カレーフェスティバル! 今年の期間は10月6日~15日までです。

そして、今年の参加店舗数はなんと145店舗!

「下北沢に、こんなにカレーを出すお店があるなんて!」と驚かれる方も多いでしょう。それと同時に「どのお店に行ったらいいかわからない!」と困っている方もいるのでは? そんな時には、彼を呼ぶのです。

「下北沢カレー王~!!」

【下北沢おすすめカレー店MAP】

f:id:Meshi2_IB:20171003223324j:plain

① SAMA 下北沢店

② 畳カフェ&バー くまさん家

③ アークボックス

④ 廣榮屋

⑤ バッキンガム宮殿

⑥ スパイスラーメン 点と線.

⑦ ににんがよん

⑧ マザーズ ルーイン (mother’s RUIN)

⑨ あみあみ (Ami-Amis)

⑩ ネヴァーネヴァーランド (NEVER NEVER LAND)

下北沢カレー王の坂ノ上九郎氏に聞く!

f:id:Meshi2_IB:20171003222443j:plain f:id:Meshi2_IB:20171003222448p:plainお呼びでしょうか?

と、さっそうと現れたこの男。彼こそが、下北沢カレーフェスにおいて、「初代永世下北沢カレー王」の称号を得た唯一無二の紳士・坂ノ上九郎氏なのです。

坂ノ上九郎氏は、10日間の開催日の中で、2012年は37食、2013年は60食、2014年は74食を食べ尽くし、さらに昨年は90食という常人には到達不能な数字を叩き出しているのです。

今年は100食を目標にしているとか……。単純計算で一日10食ですよ?

人間の限界を超えた挑戦ですね。

f:id:Meshi2_IB:20171003222456j:plain

しかしながら、ここまでカレーフェスに身も心も捧げている彼は、下北沢カレーフェスを誰よりも知る人物と言っても過言ではありません。

ということで、坂ノ上九郎氏ことカレー王に、145店舗という途方もない数のお店の中から、選りすぐりのオススメ店を10店舗ピックアップしてもらいました。

今回は「普段からメニューでカレーを提供しているお店」にスポットを当て、カレーフェスが終わった後でもおいしいカレーを堪能できるお店に照準を絞っております!

①北海道からやってきた硬派なスープカレー専門店「SAMA 下北沢店」

f:id:Meshi2_IB:20171003222503j:plain

1軒目に紹介するのは、北海道発のスープカレー専門店「SAMA 下北沢店」。

f:id:Meshi2_IB:20171003222448p:plain去年のカレーフェス開催日の終了3日前にオープンしたので、下北沢カレーフェスへの正式参加は今回が初となる新店です。北海道のほかに、仙台・九州・香港・シンガポールにも支店があるんですよ。

業界最多とも言われている5種のスープがウリで、具の豪華さで勝負しがちなスープカレーが多い中、「スープでお腹をいっぱいにする」というなかなか硬派なコンセプトを持ったお店でもあります。

f:id:Meshi2_IB:20171003222510j:plain

そしてこちらが、「SAMA 下北沢店」イチオシの「バリチキと焦がしキャベツチーズカリー」(1,350円)。

なんと他の店舗にはない下北沢限定のメニューです。

f:id:Meshi2_IB:20171003222448p:plainテーブルに置かれただけで、すぐに伝わってくるスパイシーさが食欲をそそりますね!

とカレー王も期待感を隠し切れません。

f:id:Meshi2_IB:20171003222518j:plain

皮がバリバリのチキンにゴロゴロの野菜たちが目立ちますが、何といっても特長的なのがスープです。

ココナッツスープやあっさりスープ、海老スープにクリーミー海老スープと好みに合わせてテイストが選び放題!

今回は一番人気ということで、お店オススメのトマトスープにしましたが

f:id:Meshi2_IB:20171003222448p:plainココナッツもいいなぁ……いや、海老もアリ……。

と、オーダー直前までカレー王もお悩みでした。

f:id:Meshi2_IB:20171003222525j:plain

そしてお味の方はというと、これが想像し得なかったほどのスパイシーさと満足感だったそう!

f:id:Meshi2_IB:20171003222448p:plainスープにものすごくとろみがあって、ボリュームはルーカレーに負けないくらい。ぜんぜんシャバシャバじゃない……ちまたのスープカレーとは一線を画した味です!

スープにはみじん切りの玉ねぎが大量に入っていて、これが最大のポイントになっているようです。

スパイシーでありながらも、玉ねぎの甘みが際立つ、個性派スープカレーとのこと!

f:id:Meshi2_IB:20171003222531j:plain

カレーフェスでは、北海道ならではの具材を使った「ジンギスカンカリー」(1,350円)を出す予定だそう。

羊肉が5種のスープとどうマッチングするのか、楽しみですね!

②ママ&パパ憩いのカフェカレーあり!「畳カフェ&バー くまさん家」

f:id:Meshi2_IB:20171003222541j:plain

2軒目は「畳カフェ&バー くまさん家」。

f:id:Meshi2_IB:20171003222448p:plainここは子ども連れ推奨のカフェで、ママさんやパパさんなど子育て奮闘中のお客さんが多いお店です。夜は予約制ではありますが、大人向けのバーに変身しちゃうんですよ。

入口からカレー王の場違い感がハンパない状態ですが、下北沢でも稀少なお子様連れOKのお店なのでファミリーでカレーフェスに来られる方は覚えておいた方がいいかも。

f:id:Meshi2_IB:20171003222547j:plain

こちらで通常メニューにあるカレーは「キッズカレー」(400円)。

その名の通り、お子様向けのカレーで大きさもキッズサイズ。

しかし、栄養バランスが考えられた温野菜サラダや、濃厚なトマトスープもついてこの値段はお得です!

f:id:Meshi2_IB:20171003222557j:plain

そして何より、このくまさん型のライスのかわいさが何とも言えない!

顔はのりで書かれているようです。しかし、大人が食べるにしては、ちょっとこれはかわいすぎる!?

f:id:Meshi2_IB:20171003222448p:plain四十路の髭男が一人で食べにくるのは勇気がいりますが……まあ、どんなカレーも食す探求心がカレー王のカレー王たらしめている長所ですからね。

と、いかにも「お子様向け」のカレーを意を決して食すカレー王でしたが……。

f:id:Meshi2_IB:20171003222602j:plain f:id:Meshi2_IB:20171003222448p:plainこれ……イケるじゃないですか!!

と、まさかの高評価。これは驚きです。

f:id:Meshi2_IB:20171003222448p:plainベースはキーマカレーで、辛さはないけれどけっこう本格的なんですよ。普通にこれはおいしいですね。もっと子ども向けかと思ってなめてました。

サイズは、小腹が空いたくらいにちょうどいい感じとのこと。見た目のキュートさと裏腹に、意外と大人の口にも合う、しっかりした味のようですね。

f:id:Meshi2_IB:20171003222609j:plain

カレーフェスでは、くまさんがお風呂に入っている様子をイメージした「くまさんのお風呂カレー」(1,000円・500円)を出品予定。

かなりSNS映えしそうな見た目なので、カワイイもの好きな方は見逃せませんよ!

③超ボリューミィなカレードリア「アークボックス」

f:id:Meshi2_IB:20171003222620j:plain

続いては、イベントスペースとしても賑わっているダイニングバー「アークボックス」。

f:id:Meshi2_IB:20171003222448p:plainここでは個人的にトークイベントを開いたりするなど、お世話になっているんですよ。基本的にはバーですが、カレーフェスにも初期から参加しているので、カレーフェス常連の方はご存じかもしれませんね。

実は下北沢のバーは、カレーを出すお店がとても多いのが特長。

専門店でなくとも十分においしいカレーにありつけるのが、まさにシモキタらしさでもあるとか。

f:id:Meshi2_IB:20171003222627j:plain

こちらが「アークボックス」ご自慢のカレー料理。「カレードリア」(1000円)。たっぷりのチーズに上に乗っかった目玉焼きがボリュームを増幅させてますよね。

f:id:Meshi2_IB:20171003222634j:plain

お店の方にオススメポイントを聞いたところ「口があまりカレー臭くならない」のが好評だとか(笑)。カレー王もよく食べるらしく、

f:id:Meshi2_IB:20171003222448p:plainとにかく、おなかが空いてる時に頼みますね。ミニサイズ(500円)もあるので、そちらはオツマミとして酒を飲みながらチビチビいただくのが定番です。 f:id:Meshi2_IB:20171003222640j:plain

た、確かにこれはかなりボリューミィ! +100円で大盛りにできそうですが、それどんな量のドリアがやってくるのか……。

f:id:Meshi2_IB:20171003222448p:plain味としては、甘めの優しいカレーですね。喫茶店の古き良きカレーといったイメージです。チーズと卵でさらにまろやかになっているので、お子さんでも食べやすいのではないでしょうか。

尖ったカレーに飽きた人にぜひ食べて欲しい、とも言っていました。

f:id:Meshi2_IB:20171003222649j:plain

カレーフェス限定のメニューは、上段にホワイトソース、下段にカレーを重ねた「ホワイトスノーカレードリア」(1,000円)。

二層になったドリアソースが、さらおいしさの幅を広げます。

こちらミニサイズもあるそうなので、お店をハシゴしたい人にもピッタリ。

④愛知のB級グルメをリスペクト!「廣榮屋」

f:id:Meshi2_IB:20171003222655j:plain

4軒目の「廣榮屋」は、昭和35年創業の下北沢きっての超老舗のそば屋さん。

f:id:Meshi2_IB:20171003222448p:plainいかにも街のそば屋さんって感じがホッとするお店なんですよ。カレー系のメニューは、そばとうどんとライスがあるので、もしかしたら全店舗の中で一番バリエーションが多いんじゃないかと。

確かに、普通のカレー専門店ってそばとうどんは置いていないですよね……。

f:id:Meshi2_IB:20171003222704j:plain

こちら、カレーフェス用のメニューをいち早く作ってくださいました!

この「ojiyaカレーうどん」(900円)、一見するとごくスタンダードなカレーうどんなのですが、食べてみると驚くべき仕掛けがあるんですよ……。

f:id:Meshi2_IB:20171003222710j:plain

上の方をすくうと、モチモチの太いうどんが姿を現します。

f:id:Meshi2_IB:20171003222716j:plain

まずは、ボリューム満点のうどんを食べ尽くします。

f:id:Meshi2_IB:20171003222448p:plainカレーは、いかにもそば屋さんのカレーって感じですよ。出汁がきいてて、スパイシーというよりも甘辛いです。ホッとする味ですね。いっぱい入ってるウズラの卵も泣かせます。

では、うどんを平らげたられんげでもう一度、下の方からカレーをすくってみましょう。

f:id:Meshi2_IB:20171003222722j:plain

なんか白いネバネバが現れましたよ!

これは……もしやトロロ!?

f:id:Meshi2_IB:20171003222448p:plainうどんの下にトロロが敷いてあって、その下にさらにお米が隠れているんです。要は3層方式なんですね。トロロとお米をカレーの汁に混ぜ合わせれば、立派なおじやに! これがまたうまいんです。ただ、この3層を発掘する楽しみが半減するので、最初から混ぜて食べない方がいいと思いますよ。

この「ojiyaカレーうどん」は、愛知のB級グルメにインスパイアされて出来上がったメニューなのだとか。

全く知りませんでしたが、地元では有名なんでしょうか……。

f:id:Meshi2_IB:20171003222728j:plain

カレーフェスで食べるなら、この「ojiyaカレー」が一番のオススメですが、あえて通常のカレーメニューを楽しんでしまうのもアリ。

カレーうどんにカレーそば、カレー丼にカレーライス、カツカレーライスもありますよ。

日本の味が恋しくなったら、ぜひ「廣榮屋」へ!

⑤今アツいスパイスカレーを堪能できる!「バッキンガム宮殿」

f:id:Meshi2_IB:20171003222736j:plain

5店舗目は、下北沢のディープスポット・鈴なり横丁にある「バッキンガム宮殿」です。

f:id:Meshi2_IB:20171003222448p:plain実は今年8月にオープンしたばかりの新しいバーなのですが、ランチタイム(12:00~16:00)にはカレーを出してくれるんです。そのおいしさは、早くも近隣では話題になっているくらいなんですよ。

まさに新進気鋭のカレー!

これは楽しみです!

f:id:Meshi2_IB:20171003222742j:plain

こちらがランチタイム限定で出している「宮殿カリー」(800円)です。

見てくださいよ、このフォトジェニックさを!

まさに、これが今流行りのスパイスカレーってやつですよ!

赤・黄・緑の色味のバランスがお見事。

f:id:Meshi2_IB:20171003222747j:plain

ただ、どうやらお店の方々にはスパイスカレーを意識したつもりはなかったようで「なあに、それ?」と言われてしまいました。

スパイスカレーは、期せずして作られることもあるようです。

f:id:Meshi2_IB:20171003222753j:plain

さて、カレー王の感想はというと、これまた絶賛。

f:id:Meshi2_IB:20171003222448p:plainとってもコクがありますね。マイルドに見えて、とても濃厚な味わいです。トッピングのイタリアンパセリとプチトマトも途中の味変わりに最適ですよ。スパイスは後になってからくるので、辛くないからと調子に乗ってはいけません。 f:id:Meshi2_IB:20171003222759j:plain

カレーフェスでは、「ホワイト宮殿カリー」(1,000円)を作る予定だとか。

ベシャメルソースと5種類のスパイスによってつくられるカレーが、明らかにバッキンガムではない不思議なムードを倍増させてくれるはず!

⑥これまでにない新食感なスパイスラーメン「点と線.」

f:id:Meshi2_IB:20171003222806j:plain

さて、続いてはスパイスラーメンの専門店「点と線.」へ!

こちらも7月にオープンしたばかりの新規店です。

f:id:Meshi2_IB:20171003222448p:plainスパイスラーメンという新ジャンルを打ち立てた、意欲的なお店です。なんといっても、こちらは下北沢で確固たる地位を築くスープカレー専門店「Rojiura Curry SAMURAI.」の姉妹店ですからね。スパイス使いには太鼓判を押せますよ!

とはいえ、いまいちイメージがつかみづらいスパイスラーメン……。

カレーラーメンとは違うの? どうなの??

f:id:Meshi2_IB:20171003222818j:plain

はい、こちらが噂の「スパイスラーメン」(950円)です。

まずはこの見た目の華やかさにビックリしちゃいますよね。

スープの赤に、カイワレとネギの緑、卵と菊の花の黄色……あっこれ、スパイスカレーの色原理じゃないですか!!

フォトジェニックじゃないですか!!

f:id:Meshi2_IB:20171003222827j:plain

ちなみに、スープの取り方やスパイスの調合については、「Rojiura Curry SAMURAI.」で蓄積された経験をいかしているそうですが、バランスは全く違っており、あくまでもスパイスラーメン用に作られているとか。

f:id:Meshi2_IB:20171003222448p:plainゴボウの素揚げが入っているあたりに、「Rojiura Curry SAMURAI.」っぽさが見え隠れしてちょっとうれしいですね。見た目もまさにスープカレーって感じですね!

さて、「点と線.」のスパイスラーメンの味はいかに!?

f:id:Meshi2_IB:20171003222832j:plain

正直なところ、このスパイスラーメンのスープ、味がまったく想像つかなかったのですが……。カレー王に聞いてみたところ、

f:id:Meshi2_IB:20171003222448p:plainカレーというよりは、薬膳スープのような……スパイスたっぷりで、体の奥から熱くなる感覚に襲われます。デトックス効果がありそうですね。スープに辛みはありますが、すごく味が深くて……ほかでは食べたことのない新しい味がします。

と返答が。

f:id:Meshi2_IB:20171003222838j:plain

ひと口食べてみると、確かにカレー王の言っていることがよくわかる!

本当にいろんなスパイスが使われているようで、非常に複雑な味わいなのです。

北海道ラーメンの麺のような中太麺も、スープや具に絡みやすくてこれまたおいしいかったです。

f:id:Meshi2_IB:20171003222847j:plain

カレーフェスには、「彩野菜のグリーンカレーつけ麺」(1,350円)で参加するとのこと。

ラーメン屋さんとしては珍しい、広々ゆったりした清潔感のある店内も好ポイント!

⑦カレーがいつでも食べ放題!「ににんがよん(2×2=8)」

f:id:Meshi2_IB:20171003222853j:plain

お店巡りもそろそろ後半戦。カレー王は、ここにきてカレー食べ放題のお店「ににんがよん(2×2=8)」をチョイス。

f:id:Meshi2_IB:20171003222448p:plain下北沢には現在3軒のカレー食べ放題のお店がありますが、ここはその中でも一番の老舗。12種類のカレーが日替わりで3種出て、それが食べ放題なんです。

その他にも、ローストチキンやサラダ、デザートなども食べ放題。

しかもそれが、1,058円という激安価格とあって、お金のない駆け出しのバンドマンや劇団員に昔から大人気だったのだとか。

f:id:Meshi2_IB:20171003222859j:plain

この日の食べ放題メニューは、野菜カレー・バターチキンカレー・マトンカレーの3種。カレー王は、もちろん全種類よそいます。

f:id:Meshi2_IB:20171003222906j:plain

こちらが、食べ放題カレー王チョイス。

何度お代わりしてもいいので、一度に欲張らず、適度に盛りつけるのがたくさん食べられるポイントです。

f:id:Meshi2_IB:20171003222923j:plain

もちろん、ナンも食べ放題。

オーダーを受けてから焼き始めるので、いつでもアツアツのナンを食べられます。

f:id:Meshi2_IB:20171003222934j:plain

こちらのカレーは、とにかくシンプルにおいしいインドカレー。

おなかをカレーまみれにしたい時には、絶対に重宝するであろうお店です。

f:id:Meshi2_IB:20171003222448p:plain個人的にはマトンカレーが、トマト味で好きですね。また、ローストチキンが秀逸です。皮もパリッパリッでお肉はジューシィ。これをお代わりするだけでも1,058円の価値はあります。

ここだけの話、カレー王もお金がない時は、ここでカレー欲を満たすことがあるのだとか……。

f:id:Meshi2_IB:20171003222941j:plain

カレーフェスでも、食べ放題はいつも通り実施。

お金がなくてお店のはしごはできないけど、カレーでフェスを満喫したい方、ぜひ立ち寄ってみてください!

⑧お酒のツマミに最高のカレー「マザーズ ルーイン (mother’s RUIN)」

f:id:Meshi2_IB:20171003222947j:plain

とうとう日が暮れて、居酒屋さんやバーで下北沢が活気づく時間。

やってきたのは、無国籍バー・「マザーズ ルーイン (mother’s RUIN)」。

f:id:Meshi2_IB:20171003222448p:plain何を隠そう、カレー王が下北沢に友人が来た時に、必ずといっていいほど紹介するお店です。地下深くにあるお店なので、なかなか一見さんは入りづらいのですが、料理も雰囲気もイチオシなんです。

カレー王が推すということは、もちろんカレーにも確固たる自信があるのでしょうね……。

f:id:Meshi2_IB:20171003222953j:plain

はい、こちらが「マザーズ ルーイン (mother’s RUIN)」の「チキンカレー」(900円)です。

見た目からして、濃ゆ~~~いタイプのカレー。

ドロッというよりも、ボテッとしたルーがライスに乗っかってるような感じ。

f:id:Meshi2_IB:20171003223002j:plain

バーのカレーなだけに、お酒と一緒にオツマミとして食べるのにも最適とのこと。

300円引きで、小さいサイズも提供しているそうです。

f:id:Meshi2_IB:20171003223013j:plain

さて、その味はというと、見た目からの想像をはるかに超えて……

f:id:Meshi2_IB:20171003222448p:plainやっぱり濃厚です! 飲み物なしだとちょっとキツいくらい。でも、これをビールで流し込む快感は、ほかのカレーではちょっと味わえませんよ。いやぁ~、おいしいなぁ。

ビールもちゃっかり注文して、すっかりご機嫌のカレー王。

そのビールは自腹で払ってくださいね。

f:id:Meshi2_IB:20171003223024j:plain

「マザーズ ルーイン (mother’s RUIN)」のカレーは、スパイスと具を一緒に煮込んで、水分がなくなるくらいまで濃厚に仕上げられています。

チキンのほかにも、マトンカレーと牛すじカレーがあり、それぞれ根強いファンがついているそう。

カレー自体の味が強いので、クセのあるお肉をおいしく食べるのにも向いているのだとか。

f:id:Meshi2_IB:20171003223030j:plain

カレーフェスでは、豆がたっぷり入った「ルーインカレー」(900円)を出すそうです。天井に巨大とかげが張り付く、なんとも不思議な雰囲気のバーで、濃厚カレーをじっくりご堪能ください!

⑨カレーフェスのためのメニューが定番化!「あみあみ (Ami-Amis)」

f:id:Meshi2_IB:20171003223038j:plain

カレー王がほろ酔い気分で向かったのは、焼き鳥バー「あみあみ (Ami-Amis)」。

f:id:Meshi2_IB:20171003222448p:plainこちらは焼き鳥がメインのバーなのですが、カレーフェスのために開発したメニューがそのまま残って定番化されてるんですよ。

なるほど。

もともとは限定のつもりでも、カレーフェスで評判を呼ぶと、通常メニューに組み込まれることもあるんですね。

f:id:Meshi2_IB:20171003223045j:plain

「あみあみ (Ami-Amis)」の隠れメニューとして人気沸騰の「カレーつけ麺」(900円)です。

カレーフェスであまりにも大評判となり、現在はこれだけを食べにお店まで足を運ぶお客さんもいるのだとか。

実は、前のシェフがカレー好きで、海外に行って勉強して完成されたレシピだそう。

ただ、目指したのはB級グルメなので、本格派というよりは親しみやすいタイプの味のようです。

f:id:Meshi2_IB:20171003223100j:plain

ちなみに、トッピングの野菜は日替わりで、この日はナスが添えられてました。

つけ麺にナスって、珍しいけど意外とおいしそう。

f:id:Meshi2_IB:20171003223115j:plain

実はカレー以上にラーメンが好きだというウワサがあるカレー王。

うれしそうな表情を浮かべながら、汁に麺をつけてズルッっとすすります。

f:id:Meshi2_IB:20171003222448p:plainこれは……ふわっとして甘い汁だと思いきや、後からガツンとスパイスがやってくる! ココナッツ風味で、濃厚クリーミーだし、女性人気も高そうですね。 f:id:Meshi2_IB:20171003223121j:plain

辛さはかなり強めらしく、パンチの効いた味とのこと。

このつけ麺は、あくまでもカレーが主役。

このつけ汁だけでもメニューとして成立してしまいそうなほど、存在感を放っている逸品です。

f:id:Meshi2_IB:20171003223128j:plain

カレーフェスではちょっぴり大人な「カレーつけ麺」(970円)を提供するそうです。定番化されるほどに完成した味を、どうぞお楽しみくださいませ!

⑩沖縄料理店でスリランカカレー!? 「ネヴァーネヴァーランド (NEVER NEVER LAND)」

f:id:Meshi2_IB:20171003223138j:plain

さて、最後にカレー王が訪れたのは、沖縄居酒屋さんの「ネヴァーネヴァーランド (NEVER NEVER LAND)」。

f:id:Meshi2_IB:20171003222448p:plain下北沢で30年以上の歴史を持つお店なんです。なんとミシュランガイドでも推薦された、シモキタを代表する名店でもあるんですよ。

まるでオモチャ箱のような可愛らしい扉を開けると、そこはまさに音楽と色彩が散りばめられた自由なネヴァーランド。

これは、カレーにも期待が高まります!

f:id:Meshi2_IB:20171003223145j:plain

レギュラーメニューの「スリランカカレー」(900円)は、14種類のスパイスで作られた本格派!

お米は玄米を使っていて、サラダまでついてくるお得なメニューです。

f:id:Meshi2_IB:20171003223151j:plain

見るからにヘルシーでとってもおいしそう!

ダイエット中の女性にもオススメできそうです。

f:id:Meshi2_IB:20171003223202j:plain

カレー王も、このカレーは大好物らしく、喜々として食べていました。

f:id:Meshi2_IB:20171003222448p:plainスッキリ、アッサリとした飾り気のなさが好きなんですよ。良い意味で雑というか、ワイルドな味だと思います。玄米というのも良いですよね。サラサラのルーとプチプチの玄米食感が合わさると、得も言われぬ楽しさが口の中に広がります。 f:id:Meshi2_IB:20171003223210j:plain

カレーの原点ともいえる、スパイスやハーブで作られた深いうま味が特長的なカレーです。

なぜ沖縄でスリランカ……!? という疑問はまったく解消されませんでしたが、ナンクルナイサーです!

f:id:Meshi2_IB:20171003223218j:plain

カレーフェスでは、通常メニューの「スリランカカレー」を、なんと800円の特別価格でご提供!

ドリンクがついても1,100円と大特価です。ぜひ、下北沢で沖縄(とスリランカ)の味を満喫していってください!

下北沢カレーフェス運営に話を聞いてきた!

f:id:Meshi2_IB:20171003223608j:plain

さて、最後に下北沢カレーフェス2017の運営をされている「I Love 下北沢」の西山友則さんに、カレー王とともにお話をうかがってきました!

── 今回のカレーフェス、何か統一テーマがあるとのことですが?

f:id:Meshi2_IB:20171003235328p:plainはい。今回のテーマは「下北沢で世界一周!? スパイス香るカレーな旅」です。145店舗の参加店それぞれ、国や街に縁のあるカレーをご用意しています。

── 大きく出ましたね(笑)! しかし、考えてみればもう6回目を数える下北沢カレーフェス。下北沢にとって、このフェスが毎年欠かせない存在になりつつあるように、私は思います。

f:id:Meshi2_IB:20171003235328p:plainそういっていただけるとやってきた甲斐があります。第1回では40店舗ほどだった参加店が、今や4倍近くにまで膨れ上がったわけですから、徐々に下北沢がカレーの街として世間的に認知されてもおかしくはないかな、と。 f:id:Meshi2_IB:20171003223622j:plain

── でも、もともとこのプロジェクトは、決して「カレーが主役」ではないんですよね?

f:id:Meshi2_IB:20171003235328p:plainはい。本当のところは、下北沢の町おこしを目的に始まったものなんですよ。カレーフェスも、たまたま「下北沢ってカレーのお店多いよね」っていう仲間内の話題から広がったようなものですから。

── このフェスをきっかけに、下北沢が盛り上がっていけば成功、と。

f:id:Meshi2_IB:20171003235328p:plainおかげさまで、参加店舗には「過去最高の売り上げが出た」とか「限定カレーがあっという間に売り切れた」とか、うれしい声をいただいています。今後も下北沢のお店が、このカレーフェスを上手く使って繁盛してくれることを心から願いますね。

── 最後に……下北沢カレーフェスにとって、カレー王ってどんな存在なんですか?

f:id:Meshi2_IB:20171003235328p:plainカレー王は……一番のお客さんですね。カレーフェスには”カレーまん”というマスコットキャラクターがいてよく混合されがちなのですが、それとは違うんですよ(笑)。最近はテレビ番組出演なんかもあって、メディアにカレーフェスを宣伝してくれる、いわば伝道師みたいな存在になっていましたね。

── やはり、今回の企画はカレー王にお任せして間違いなかった! ありがとうございました!

curryfes.pw

お店情報

SAMA 下北沢店

住所:東京都世田谷区北沢2-26-18 アーバンプレイス 1F

電話:03-6407-9633

営業時間:11:30~15:00 17:00~22:30

定休日:第2水曜日

ウェブサイト:SAMA下北沢店 : SAMA 店舗案内

畳カフェ&バー くまさん家

住所:東京都世田谷区北沢2-34-8 KMビル 3F

電話:03-5738-8537

営業時間:11:00~20:00(LO19:00)

定休日:不定休(年末年始は休み)

www.hotpepper.jp

アークボックス

住所:東京都世田谷区北沢3-25-1 MTビル 3F

電話:03-6804-9507

営業時間:土曜日・日曜日・祝日 12:00~17:00 17:00~24:00、平日 12:00~24:00

定休日:火曜日

www.hotpepper.jp

廣榮屋

住所:東京都世田谷区北沢3-21-1 コープ サンライズ 1F

電話:03-3466-5958

営業時間:11:00~21:00(LO 20:30)

定休日:木曜日(第5木曜日は営業)

www.hotpepper.jp

バッキンガム宮殿

住所:東京都世田谷区北沢1-45-15

電話:090-8778-5747

営業時間:12:00~20:00(ランチ)、20:00~(バー)

定休日:無休

Twitter:バッキンガム宮殿 Suzunari (@BQSuzunari) | Twitter

スパイスラーメン 点と線.

住所:東京都世田谷区北沢2-14-5 イスズビル 2F

電話:なし

営業時間:18:00~翌2:00(LO 翌1:30)

定休日:無休

ににんがよん

住所:東京都世田谷区北沢2-14-14 ハニー下北沢 2F

電話:03-3422-2273

営業時間:11:00~15:00、ディナータイム15:00~23:00

定休日:無休

www.hotpepper.jp

マザーズ ルーイン (mother’s RUIN)

住所:東京都世田谷区北沢2-2-7 NFビル B1F

電話:03-3412-5318

営業時間:11:30~15:00(LO)17:30~22:00(LO)

定休日:無休

www.hotpepper.jp

あみあみ (Ami-Amis)

住所:東京都世田谷区北沢2-9-24 博雅ビル 3F

電話:03-5453-4211

営業時間:月曜日~土曜日 19:00~翌6:00、日曜日 17:00~23:00

定休日:不定休

Twitter:あみあみ (@amiamisamiamis) | Twitter

ネヴァーネヴァーランド (NEVER NEVER LAND)

住所:東京都世田谷区北沢3-19-3 吉野ハイツ 2F

電話:03-3465-0737

営業時間:月曜日~日曜日 18:00~翌2:00、祝日前 18:00~翌5:00

定休日:無休

facebook:https://www.facebook.com/ShimokitazawaNeverNeverLand/

去年までのおすすめ店はこちら!

www.hotpepper.jp

www.hotpepper.jp

※この記事は2017年10月の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

Twitterで4000RT超!余ったジャムを一瞬でおしゃれなドレッシングに変える方法
東京・代々木八幡にできたお惣菜スタンド「ウエトミ」は、酒もツマミも超充実した昼飲み天国だった
とんかつは飲み物なのか? 池袋「とんかつは飲み物。」で聞いてきた

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。