ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

『マレフィセント』続編にアンジェリーナ・ジョリーが復帰!さらに『パイレーツ・オブ・カリビアン』の監督と交渉中

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
『マレフィセント』続編にアンジェリーナ・ジョリーが復帰!さらに『パイレーツ・オブ・カリビアン』の監督と交渉中

ディズニーは、何年も前から『マレフィセント』の続編について言及してきたが、ついに進展があった。

アンジェリーナ・ジョリーが、同映画への復帰をエンターテイメント・サイト『Deadline』に明かしており、さらに、監督については『パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊』のヨアヒム・ローニング監督と交渉中だと、同サイトは伝えている。

『マレフィセント』が2014年に公開されたことを考えると、この続編は比較的早いスピードで進展しているようだ。撮影は2018年初頭からスタートするとみられている。

ロバート・ストロンバーグ監督がメガホンを取った『マレフィセント』は大ヒットし、1億8000万ドル(約202億円)の製作予算に対し、世界で7億5853万9785ドル(約854億円)の興行収入を収めた。一方、ヨアヒム・ローニングとエスペン・サンドベリがコンビで監督を務めた『パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊』は、2017年5月に公開され、2億3000万ドル(約259億円)の製作予算に対し、7億9461万1287ドル(約894億円)の興行収入を得た。

『Deadline』によると、ジェズ・バターワースとリンダ・ウールバートンが『マレフィセント』続編の脚本に取り掛かっており、プロデューサーはジョー・ロスが務めるという。2015年にDeadlineはディズニーがリンダ・ウールバートンに脚本を依頼したと伝えているが、その時点でアンジェリーナ・ジョリーの復帰はまだ確認されていなかった。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

関連記事リンク(外部サイト)

『プリティ・ウーマン』がミュージカル化されブロードウェイに
ロン・ハワード監督が『スター・ウォーズ』ハン・ソロ映画の撮影現場の画像を続けて投稿、惑星ケッセルか?
政治に嫌気が指したJ・K・ローリング、気分転換のため「カワウソの写真を送って」とフォロワーに呼びかける
トム・クルーズが「偽尻」疑惑を完全否定!
メーガン・マークルの元夫が英王室を描いたコメディを制作へ!アイデアは「英王室と親権を争う」トンでも内容⁉

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。