ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【coldrain】 “coldrainとは何か?”に純粋に向き合えた

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

約2年振りとなるニューアルバム『FATELESS』は、バンドの武器や魅力を最大限に押し上げた強力な一枚だ。海外でもツアーを繰り広げ、より一層逞しくなった彼らの現在地を刻んだ今作についてメンバー全員に直撃!
L→R Katsuma(Dr)、RxYxO(Ba)、Masato(Vo)、Y.K.C(Gu)、Sugi(Gu) (okmusic UP's)
──前作「VENA II」以降はどんな期間でした?
Y.K.C
「ワールドツアーもあったし、経験値は積めたかなと。ただ、スケジュール的には忙しかったですね。」
Masato
「海外と日本との活動の両立の難しさを感じました。でも、バンドとしてはどちらの活動も必要だったというか。長い目で見たら大事な期間だったのかなと。10年バンドをやってると、日本でライヴをやることに良くも悪くも慣れてくるし。海外に出ることで、自分たちはどういうライヴをすればいいのかを考えました。」
──ライヴをやる上で原点みたいな気持ちを確かめた?
Y.K.C
「そうですね。バンドをやり始めた頃のツアーの感覚を改めて噛み締められたことは大きくて。」
Sugi
「毎日ひたすらライヴだったし、一本一本反省点もあったし、“お客さんを”というよりも自分たちが楽しもうと。」
RxYxO
「海外はパッションを100パーセント観せないと伝わらないから。でも、やることをやればちゃんと伝わるんだなと。」
Katsuma
「世界に出ることで、自分たちは間違ってないことを認識できました。それで自信が付いたし、今回の作品ができましたからね。」
──というのは?
Masato
「今作は海外や日本がどうっていうより、“coldrainとは何か?”に純粋に向き合えたのが良かったですね。」
──その自分たちが思うcoldrainらしさというのは?
Y.K.C
「ふたつテーマを決めたんですよ。ひとつ目は俺らはツインギターが武器だと思うので、ギターが目立つアルバムにしたくて。もうひとつはメロディーの良さをどこまで出せるかなと。なので、今回は俺にメロディーラインを作らせてほしいってお願いして。自分たちの良さを認識しながら作業を進めました。Sugiのギターはいつも課題なんですけど、ミックスでも目立つようにして。RxYxOとKatsumaの音もレコーディングの段階で絶対こうじゃなきゃダメだよねって。Katsumaは、広いドラムを意識して…」
Katsuma
「ドーン!みたいな。」
──(笑)。アリーナメタル的な感じで?
Katsuma
「そうです! 広く大きく聴こえる音が好きだから。プロデューサーと俺らがやりたいことがドンズバで。」
Masato
「今回のプロデュースをお願いしたエルビスは日本人の感性に近くて、欲しかった音に近づけました。FACTのデモと完成品を聴いた時に、あの極端な音楽をラジオでも流れるようなメジャーなものに変えていたから。あと、僕が大好きなINCUBUSの作品も手がけてましたからね。」
──レコーディングはどこで行なったのですか?
Masato
「フロリダです。すごくいい気候でした。」
Y.K.C
「スタジオは歴代一等賞ですね(笑)。」
Masato
「ただ、やっぱり人ですね。エルビスはバンドを楽しませながらも、曲をちゃんと理解してくれたから。」
──何かアドバイスをもらうこともありました?
Y.K.C
「メジャー感のあるところも作ろうと提案してくれました。「ENVY」も最後のサビはなかったけど、シンガロング風のサビを入れたりして。バックの演奏は歌に対して自然とアレンジした部分が多いですね。」
RxYxO
「メロディーが明確に見えていたから、歌を頭に入れつつベースの動きは考えました。」
Sugi
「どこを切り取ってもロックなアルバムにしたかったから。自分の録りも楽しかったですね。」
Masato
「Y.K.Cが初めて基本的なメロディーを作ったので、歌うことに集中できたことが良かったですね。そういう意味では1周回って1stアルバムっぽいなと。」
──なるほど。中盤から後半の流れもいいですね。
Masato
「「UNINVITED」はカバーなんですよ、アラニス・モリセットの。映画『シティ・オブ・エンジェルズ』のサントラ盤に入ってて、全米でヒットした曲で。いつかライヴでオーケストラと一緒にやりたいと思ってるから、この曲がベストだなと。」
──「STAY」もいい曲ですね。
Y.K.C
「「STAY」と最後の曲「A DECADE IN THE RAIN」は…プロデューサーの意見を聞いた時に、スローなバラードとアンセム曲があったらいいねと言われて。」
──確かに、どちらもそういう曲調になってます(笑)。
Y.K.C
「「STAY」はスローなバラードですけど、グランジの要素も入れてみようと。」
Masato
「この2曲が特にエルビスはうるさかった。」
Katsuma
「ドラムもその2曲が苦労しました。エルビスがフレーズのアイデアをすごく出してきて、この2曲はサビのたびにフィルも全部変えたんですよ。終わりに向かうにつれて、ドラムだけで壮大になるように表現したり。出来上がった時、“言われた通りだわ!”って(笑)。」
──ちなみに今作を作る上で、来年2月6日に行なう初の日本武道館公演はどこかで意識してました?
Masato
「フェスでは大きな舞台に立ったりすることもあるので、そういう場所でも勝負できる曲は意識してるから。」
Y.K.C
「武道館というより、自分たちの中で無理なくシンガロングパートがあるカッコ良い曲が欲しいなと。」
──まさに「A DECADE IN THE RAIN」はそうですよね。
Y.K.C
「ずっと自分たちの中に武道館があったわけじゃないけど、世界を回っても“武道館”という言葉はみんな知ってるし、やる以上は武道館が似合うバンドになりたい。」
Masato
「英語詞のバンドが武道館が似合っちゃって、武道館を越えて行けたらカッコ良いかなと。」
──ええ、夢がありますよね。
Masato
「ですよね。coldrainのライヴを観て、若い子が武道館を目指したい!と思ってくれたら最高だなと。」
取材:荒金良介
アルバム『FATELESS』
2017年10月11日発売

WARNER MUSIC JAPAN

【初回限定盤(LIVE CD付)】

PCL-12675〜6 ¥3,240(税込)

【通常盤】

WPCL-12764 ¥2,700(税込)
『FATELESS JAPAN TOUR 2017』
10/29(日) 神奈川・横浜BAY HALL

11/03(金) 茨城・水戸ライトハウス

11/08(水) 宮城・仙台Rensa

11/10(金) 北海道・札幌PENNY LANE24

11/18(土) 石川・金沢EIGHT HALL

11/19(日) 富山・SOUL POWER

11/21(火) 福岡・DRUM LOGOS

11/23(木) 香川・高松オリーブホール

11/24(金) 兵庫・神戸 太陽と虎

12/04(月) 京都・MUSE

12/06(水) 広島・CLUB QUATTRO

12/08(金) 愛知・ZEPP NAGOYA

12/10(日) 長野・JUNK BOX

12/15(金) 大阪・なんばHATCH

[ 2018年 ]

2/06(火) 東京・日本武道館
coldrain
コールドレイン: 5人組メロディアス・ラウドロック・バンド。2007年、名古屋を中心に本格的なライヴ活動を開始。日米両国籍を持ち、極上のメロディーと多彩なスキルを操るMasatoの英詞の歌、静と動を操る重厚なリズム隊、 絡み合うテクニカルでエモーショナルなツインギター、それぞれのバンド活動を経て生み出されたハイクオリティーなサウンドと圧倒的ライヴパフォーマンスは日進月歩の進化を続けている。

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。