体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

住む人の生き方から変える? “日本のガウディ”梵寿綱が創る「寿舞(すまい)」

住む人の生き方から変える?“日本のガウディ”梵寿綱マンションの魅力を知る

現在の日本のマンションのほとんどは画一的なデザイン、構造です。そうした中で異彩を放つのが「日本のガウディ」と称される建築家、梵寿綱(ぼん・じゅこう)の手で創られたマンション。その建築は芸術品としての存在感を放ちつつ、長く人気を集めています。そんな梵寿綱作品を巡るとともに、梵さん自身からお話をうかがいました。

住む人の心を動かす建築をめざす

早稲田駅から歩いて5分ほどの位置にある「ドラード和世陀」は、梵寿綱作品の中でも最もよく知られたもの。外壁に彫刻やモザイクが施され、曲線の目立つ建築は、まるで生命体のようです。

建物そのものが語りかけてくるような魅力があり、周辺の建物とはまったく違うアートとしての存在感を示しています。奇抜な外観に見えて、年月が経過しても、その斬新さは陳腐化していません。これは近代建築では稀有なことだと言えるでしょう。それにしてもこれが賃貸マンションだとは驚きです。

梵寿綱さんはこう語ります。

「僕は、すまいとは、“住まい”でなく、“寿舞(すまい)”だと言っています。喜びの舞う中に人が生きる、そんな空間であるべきだと。僕は住空間に合理性を求めても意味がないと思う。小さな日常空間に効率を追求しても何も生まれません。人は日々のふるまいの中で、視点を変えながら、壁や天井や窓を見る。それによって気持ちも動く。そのときの心地よさや豊かさこそが大切。僕が志向するのは、そうした生活感情を触発する場、住む人の心を変える建築なのです」

【画像1】梵寿綱さん。独自の作風で日本のガウディと称される。1934 年(昭和9年)東京・浅草生まれ。背後のドラード和世陀の一室に住む(写真撮影/織田孝一)

【画像1】梵寿綱さん。独自の作風で日本のガウディと称される。1934 年(昭和9年)東京・浅草生まれ。背後のドラード和世陀の一室に住む(写真撮影/織田孝一)

梵さんの仕事の進め方も、現在の基準では常識破り。

「明確な完成形があり、そこに向かって作るというやりかたはしません。僕は完成予想図を描かない。平面図、立面図は書き、大きな方針は決めますが、曖昧な状態を作っておくんです。そうしないと完成予想図に縛られてしまうからね。そのうちに、知り合った職人さんや芸術家が参加して、『お前、何できるの? そうか、じゃ、これやってよ』みたいな感じで共同作業が始まる。言わば旅芸人の一座があって、その面々が得意技を活かし、お客さんの様子を見ながら、楽しませる舞台を作り上げていく感じです」

梵さん自身もアーティストであり、「ドラード和世陀」の外壁彫刻は自ら彫ったもの。旅芸人一座の座長にして脚本家、そして役者でもあるわけです。【画像2】建築家自らが彫った外壁彫刻の一部。芸術性が迸り出ている(写真撮影/織田孝一) 【画像2】建築家自らが彫った外壁彫刻の一部。芸術性が迸り出ている(写真撮影/織田孝一)【画像3】エントランスを入った一角にある巨大な手の彫刻は、彫刻家(多摩美術大学名誉教授)の竹田光幸氏の作品(写真撮影/織田孝一)

【画像3】エントランスを入った一角にある巨大な手の彫刻は、彫刻家(多摩美術大学名誉教授)の竹田光幸氏の作品(写真撮影/織田孝一)

人生経験をすべて建築に投影する

一見、奇抜なまでに「ぶっ飛んだ」デザインですが、梵さんの設計したマンションには、長く住む人が多く、空き部屋が出るとすぐに埋まってしまう人気物件です。

1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会