体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アーケード全壊の震災から、住民主体で復興を遂げたえんま通り商店街

アーケード全壊の震災から、住民主体で復興を遂げたえんま通り商店

マグニチュード6.8。そんな地震が自分の街を襲ったら、どうやって復興するかイメージできますか?2007年、実際に被災し、住民主体で街の復興に挑んだ街があります。それが、新潟県柏崎市えんま通り商店街。震災から10年の節目に、当時の「えんま通り復興協議会」理事長だった中村康夫さんに、復興に関する取り組みを伺ってきました。

歴史ある商店街が、一瞬で被災地に

震災が直撃したのは、海に面した新潟県柏崎市の中心街に位置する「えんま通り商店街」。年に一度ここで開催される「えんま市」は500以上の露店が並び、延べ20万人もの来場者数を誇る、人気イベントです。【図1】えんま市の様子(写真提供/えんま通り復興協議会)

【図1】えんま市の様子(写真提供/えんま通り復興協議会)

この地をマグニチュード6.8の地震が襲ったのは、2007年7月16日午前10時13分。

商店街の道路に沿うように地震の亀裂は走り、道路南側の下町エリアは7割以上の建物が倒壊もしくは全壊の判定を受け、商店街をつなぐアーケードも崩壊してしまいました。

中村さんは創業140年になる呉服店「紺太」を営んでおり、当時は鉄筋コンクリート5階建てのビルに呉服店や飲食店、紳士服、婦人服、化粧品、寝具なども扱うデパートのような形態で経営していたそうです。

しかし地震により下町エリアにあった同店舗は大規模半壊。柱は折れた鉄骨がむき出しになり、中はぐちゃぐちゃ。営業ができない状態になってしまいました。

「店の再建はもちろんですが、そのころえんま通り商店街の理事長を務めていたこともあって、私が復興のための組織をとりまとめることになりました」【図2】復興協議会の代表を務めた中村康夫さん(写真撮影/SUUMOジャーナル編集部) 【図2】復興協議会の代表を務めた中村康夫さん(写真撮影/SUUMOジャーナル編集部)【図3】震災発生当時の被害の様子 (写真提供/えんま通り復興協議会)

【図3】震災発生当時の被害の様子 (写真提供/えんま通り復興協議会)

「言葉を優先したビジョンづくり」が復興のカギになる

しかしながら、中村さんをはじめ誰も震災復興なんて手がけたことはありません。

店の再建はできるのか、資金はどうすればいいのか、目処は……中村さんたち商店主それぞれが大きな不安を抱えるなか、さまざまな企業や団体から復興プランやビジネスの提案が持ち込まれましたが、実現の目途が立つものばかりとは言えませんでした。そのとき、道筋を照らしてくれたのが、柏崎市の新潟工科大学で都市計画の教鞭をとる田口太郎准教授であり、この出会いが「住民主体の復興」を方向付ける決め手となりました。

田口教授は「まずは、言葉を優先したビジョンをつくりましょう。そうしないとバラバラの街になってしまいます。例えばビジネス先行型の、駐車場を広く品ぞろえのいい店を単につくるだけなら簡単です。しかし何年、何百年と価値のあるまちにするのであれば、素敵な小道があって、昔から住んでいる人がいて、歴史を重ねた建築があって…まちづくりは一時的に儲けを優先するフロー型ではなく、ストック型の取り組みなんですよ」と話したそう。

「震災から10日ほど経ったころにお会いしましたが、お話の内容にストンと納得できた。着物の世界もフローが優先されてきていますが、職人や作家が歴史をつないできたいいものをしっかり残す、そういった積み重ね=ストックが大切だと思ってきました。街も同じなんだ、と気づくことができた。だから田口先生についていこうと思ったんです」と中村さん。

1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会