体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

映画制作関係者は要チェック! AR でブロッキングできるiOSアプリ「Blocker」リリース

ブロッキングという言葉を知っているだろうか。舞台での俳優のポジショニングを確認するなど演出の調整を行うことを指す業界用語だ。

そうしたブロッキングは従来、実際に人で行うが、このほど登場したiOSアプリ「Blocker」を使えば簡単にできそうだ。なんと、AR(拡張現実)の技術を用いてスマホなどを通して見た風景の上に、3Dのキャラクターをオーバーレイできる。

・自由にシミュレーション

どういうことかというと、まず実際の空間を撮影し、それをベースとした AR空間を作成。そこに3Dのキャラクターを登場させるというわけ。

ここにキャラクターを置いたらどうか、この角度で撮影したらどうなるか、といったことを自由自在にシミュレーションでき、そのためのさまざまなポーズのキャラクターや乗り物などが用意されている。

・場面入れ替えも簡単

場面ごとにスクリーンショットを撮りこれを並べてストーリーボードまで作れてしまうので、場面の入れ替えなどもスムーズに行える。

また、このアプリは、ユーザーによって使用するカメラが異なることも考慮に入れていて、カメラのプリセットは400以上。データの共有も簡単なので、チームで撮影を進めるときにかなり重宝しそうだ。

映像制作の作業を効率化してくれること間違いなしのこのアプリ、ダウンロードは無料となっている。

Blocker

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。