ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

コールドプレイ、ウィルコ、イマジン・ドラゴンズなど、アーティストたちが故トム・ペティを追悼

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
コールドプレイ、ウィルコ、イマジン・ドラゴンズなど、アーティストたちが故トム・ペティを追悼

 亡くなる前の週までステージに立っていた故トム・ペティの突然の死に音楽界が衝撃を受けている。多くのアーティストたちが彼の死を悼み、彼の音楽から受けた影響を噛み締めながら、40年間ロック界を牽引し続けた巨匠に敬意を表している。

 自分たちのライブでカヴァーを披露したり、動画を撮影してSNSで発表するなど、様々な形でペティを追悼しているアーティストたちをまとめた。

◎コールドプレイ
 ペティが死去した2017年10月2日に米オレゴン州ポートランドでライブをしていたコールドプレイは、「フリー・フォーリン」のカヴァーを披露し、観客も大合唱で応えていた。R.E.M.のリード・ギタリストだったピーター・バックもゲストで参加した。

 「フリー・フォーリン」は1989年のソロ・アルバム『フル・ムーン・フィーヴァー』に収録されている。

◎ウィルコ
 10月3日のテキサス州アービングでのライブで「ザ・ウェイティング」(1981年)を演奏したウィルコ。「ザ・ウェイティング」はアルバム『ハード・プロミス』からのリード・シングルで、1981年6月の米ビルボード・ソング・チャート”Hot 100”で19位を記録した。

◎イマジン・ドラゴンズ
 トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ(TP&THB)の「アイ・ウォント・バック・ダウン」を楽屋で演奏したイマジン・ドラゴンズのメンバーたち。10月3日のカリフォルニア州マウンテンビューでのコンサート前に録画されたと思われる映像では、アコースティック・ギターを弾くメンバーに囲まれてダン・レイノルズが娘の一人を抱きかかえて歌っている。

 「アイ・ウォント・バック・ダウン」も『フル・ムーン・フィーヴァー』に収録されている。

◎ザ・ナショナル
 ザ・ナショナルのマット・バーニンガーとギターのブライス・デスナーがペティの「ダメージド・バイ・ラヴ」を歌っている映像をSNSに投稿した。キャプションには、「1日中トム・ペティの歌を歌っている。これらの素晴らしい音楽をありがとう」と添えてある。

 「ダメージド・バイ・ラヴ」はベティにとって3枚目で最後となったソロ・アルバム『ハイウェイ・コンパニオン』(2006年)からの楽曲。

◎フリート・フォクシーズ
 フリート・フォクシーズのフロントマン、ロビン・ペックノールドは、10月3日にシカゴ・シアターで行われたライブのアンコールに一人で登場し、ラスベガスの銃乱射事件について言及した後に「Don’t Come Around Here No More」をカヴァーした。TP&THBの『サザン・アクセンツ』(1985年)に収録されている。

◎キャンドルボックス
 キャンドルボックスのリード・シンガー、ケヴィン・マーティンは10月2日にロサンゼルスのヴァイパー・ルームで行われた自身のライブで、メンバーのロビン・ディアズ(ドラム)、Scott Weiland and The Wildaboutsのトミー・ブラック(ベース)、パドル・オブ・マッドのマット・フラー(リード・ギター)、そしてムミー・トローリのエリック・ヒメル(リズム・ギター)と共に「フリー・フォーリン」をカヴァーした。

関連記事リンク(外部サイト)

故トム・ペティ、輝かしいキャリアを米ビルボード・チャートの“数字”で振り返る
トム・ペティが66歳で死去
故トム・ペティ、来週の米ビルボード・アルバム・チャートTOP10入りか

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。