ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

女性ラッパーCardi B、『Bodak Yellow』全米チャート1位獲得の影響で行きつけの歯科医まで大繁盛

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
女性ラッパーCardi B、『Bodak Yellow』全米チャート1位獲得の影響で行きつけの歯科医まで大繁盛

もしあなたがヒップホップ・ミュージックのファンであれば、Cardi Bの事を聞いたことがあるだろう。ニューヨーク・ブロンクス出身の元ストリッパーの彼女は、インスタグラムでの過激でユーモア溢れる投稿やリアリティ番組の出演などで人気を得て、今では、フィーメールラッパーの新しいアイコンとして成功を収めている。

先日、Cardi Bの『Bodak Yellow』は「ビルボード トップ100」で首位の座を獲得。女性ラッパーが、ゲストアーティスト無しの完全なソロで首位を獲得したのは、1998年に発表されたローリン・ヒルの『Doo Wop (That Thing)』以来初の快挙だ。

この快挙は世界中で大きな反響を呼んだが、『Bodak Yellow』の影響は彼女の行きつけの歯科医にまで及んだようだ。メジャーになる前からCardi Bを追いかけていた方々ならご存じだろうが、彼女は昨年、歯並びを改善するセラミック矯正を受けていた。このことは、「大金を稼いで歯を治した。安く済むと思ったら大間違い」と、同楽曲の中でも触れられている。曲がヒットした事で、彼女の歯科医であるカトリス・オースティン医師は収益が3倍に増えたというのだ。

「皆Cardi Bの歯科医が誰なのか知りたいようで、今週だけでも沢山の電話を受けました」とオースティン医師は『TMZ』によるインタビューで語っている。「大学生から、退職した警官まで様々なタイプの人々を診てきました。これらの方々は皆、素敵な笑顔を手に入れたいと願っているのですが、Cardi Bは、笑顔を改善するよう多くの人に刺激を与えたようですね。笑顔の改善は、人生を変える程の事なのです」。

■参照リンク
http://www.aol.com/

関連記事リンク(外部サイト)

トム・ペティの訃報に、ポール・マッカートニーら大物ミュージシャンから追悼続々
トム・クルーズが「偽尻」疑惑を完全否定!
50セント、トランプ大統領からの選挙応援の高額オファーを断ったと明かす
マドンナが明かした、美を保つ驚きの秘訣とは?
ハリー王子、恋人メーガン・マークルと初めて公の場に

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。