体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

女子旅の聖地!?秋の旅行は“愛媛県松山市”で決まり!

行楽シーズン到来。次の女子旅はどこへ行こう?と悩んでいるあなたに朗報。今、“愛媛県松山市”が女子旅の聖地として人気だという。
松山市内にある道後温泉は、楽天トラベルが毎年発表している「ココロ潤う。おんな一人旅に人気の温泉地ランキング」において、3年連続で1位!また、環境省・観光庁後援の「温泉総選挙2016」でも女子旅部門第1位を獲得するなど、女子から熱い視線を集めている。
人気の秘密は、温泉がある、温暖な気候、アートや伝統文化に触れることができる、車がなくても移動が便利など。ちなみに、松山空港から電車やバスで約20分で松山の中心街に着ける。路面電車は市内を巡るにはとても便利。さらに、9月26日には新温泉施設『道後温泉別館 飛鳥乃湯泉(あすかのゆ)』がオープンするなど、ますます女子に注目されている。
そんな女子旅の聖地“愛媛県松山市”の秋のおすすめスポットやグルメをご紹介!
■『道後温泉別館 飛鳥乃湯泉(あすかのゆ)』オープン!
①飛鳥乃湯泉 外観
3000年の歴史を誇る日本最古と言われる道後温泉に、『道後温泉別館 飛鳥乃湯泉』が誕生。
②エントランス
③今治タオルの壁面装飾
④だんじり彫刻の壁面装飾
エントランスや休憩室をはじめとする館内は、「太古の道後」をテーマに、道後温泉にまつわる伝説や物語などを「愛媛の伝統工芸」と「最先端のアート」をコラボレーションした作品で演出。愛媛県の伝統が随所に見られ、館内を歩いているだけで歴史を感じる空間となっている。
⑤5男湯_
⑥特別浴室
泉質はアルカリ性単純泉、きめ細やかな日本人の肌にピッタリのなめらかなお湯で、湯治や美容効果も。全国でも珍しい加温も加水もしていない源泉かけ流しの「美人の湯」を満喫しよう。ちなみに、皇室専用の浴室「又新殿(ゆうしんでん)」を再現した特別浴室では「道後湯帳」という入浴着を着用することで、肌を出さずに入浴もできるとのこと。

■熱いのは温泉だけじゃない!アートの祭典『道後オンセナート2018』
⑦クマ
⑧坊っちゃんたち
道後温泉を舞台にしたアートフェスティバル『道後オンセナート2018』が開催中。「アートにのぼせろ~温泉アートエンターテイメント~」をコンセプトに、2018年4月14日のグランドオープン、2019年2月28日のフィナーレまでの18ヶ月間、ホテルや街中に設置される作品と多様なイベントを組み合わせて展開している。温泉に癒やされたあとは、道後エリアを散策して様々なアート作品に触れ、感性の刺激を楽しもう。
⑨道後温泉本館インスタレーション
また、蜷川実花さんが手掛けた「道後温泉本館インスタレーション」は、鮮やかな色合いでインスタ映え間違いなし。

1 2次のページ
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会