体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

メルセデスベンツバンとドローンでのは致す実験をスイスで開始

いかに早く注文の商品を消費者に届けるか、ということに世界の小売業者は注力している。特に、オンライン小売業界でこの動きは顕著だ。

このほどスイス・チューリッヒで始まったのは、配達人が乗り込んだバンと、自動運転のドローンを使って商品を届けるサービスの実験。バンのルーフがいわばドローンのヘリポートとなり、配達時間の短縮や作業の効率化を図る。

・バンへ自動飛行

このプロジェクトは、メルセデスベンツ、eコマースのスタートアップSiroop、ロジスティック会社Matternetの3社が協力している。

仕組みはこうだ。消費者がSiroopのサイトで商品を注文すると、商品がドローンに積み込まれる。ドローンは商品のパッケージについたQRコードなどを読み込み、チューリッヒの4カ所に配置されたバンの一台に自動操縦で飛ぶ。

ドローンがヘリポートに着陸すると、バンの運転手がドローンから商品を取り出し、最終的に消費者の元に届ける。

・重さ2キロまで積載可

ドローンのトップスピードは時速70キロで、航続距離は20キロメートル。重量が約2キロまでのものを搭載することができる。

このシステムを使ったデモンストレーションがこのほど報道陣を前に行われ、その際はコーヒー豆が無事に消費者の元に届けられた。

メルセデスベンツとしては、ゆくゆくはこのデリバリーサービスをグローバル展開してきたい考え。ドローンを使った配達はすでにAmazonが取り組んでいるなど、今後身近なものになってきそうだ。

VansDrone/Twitter

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会